嵐のdestiny1

愛ある限り〜あゆと当麻〜

 

本編 第一話嵐のdestiny 動き始めた運命

 

 

三度の出会い。

それがすべての始まりだった。

一度目は大阪の蔵の中で出会った。当麻五才、亜由美四才の時である。

二度目は亜由美の中学校に当麻が転校してきて再会した。

三度目は当麻が仲間と東京で共同生活を始めた頃になる。

異空間の悪の帝王、阿羅醐を倒した当麻達は小田原の柳生邸で休養を兼ねて、仲間たちと過ごしていた。仲間は五人いた。仁の心を持つ真田遼、義の心を持つ秀麗黄、礼の心を持つ伊達征士、信の心を持つ毛利伸。そして戦いに巻き込まれた幼い山野純。またこの休養に屋敷を提供し、また鎧戦士の出現を亡き祖父と共に待っていたナスティ・柳生。これだけのものが阿羅醐にはむかっていた。そして彼らは壮絶な戦いの末、阿羅醐を倒した。しかし、まだ本当に阿羅醐が倒れたか皆、自信が無かったからだ。異空間、妖邪界にとらわれた人々はまだ帰還していない。巻き込まれた山野純の両親が帰還していないのがそのいい例だろう。

それに遼は最強の鎧、輝光帝を発動させた後、こんこんと眠り続けていた。ある時、秀が実家に電話しているのを見ていた当麻はふいに留守番電話を思い出した。ナスティに言って電話を借りる。まわりに誰もいないのを確認しつつ、子機を操作する。

私だ。研究が続いていてしばらく研究室に泊り込む

「親父だな」

とうまくーん。もうちょっとしたら日本に帰るから。おみやげ待っていてねー。また電話するわー

「相変わらず、お袋は騒々しいな」

思わず、当麻は小さく笑う。

亜由美です。たまにはこっちにも顔を出してください。会いたいです。それでは

「こいつも相変わらず、馬鹿丁寧な奴だな」

一つ下で親戚の女の子の声を聞いて当麻の顔にまた笑みが浮かぶ。

人見知りの激しい当麻だったが、彼女は珍しく当麻と親しい関係にあった。彼女との関係を一言で現すのは難しい。親戚、後輩、妹分、友達のいずれをも満たしていたからだ。仲間以外で当麻と親しい唯一の人間であることは確かだった。

一度、関西に戻ってみるか。日帰りぐらいできるだろう。

そう思った当麻は留守番電話の操作を終えると、亜由美の家のダイヤルを回した。

 

当麻は改札口を出るとすぐに亜由美を見つけた。

「久しぶり」

軽く手を上げて言葉をかける。

相変わらず、亜由美は黒縁の眼鏡を無造作にかけ、肩胛骨までのびた髪を後ろで三つ編みをしている。

別れた頃は肩にとどくか届かないぐらいだった。

たった半年なのに時の長さを感じてしまう。

「これ東京の土産」

当麻は手に持っていた紙袋を手渡す。

「ありがとう」

亜由美はうれしそうに受け取って中身を見る。

「雷おこしに草加せんべい・・・。いかにも東京って感じ〜。おじんくさい〜」

「つべこべ言うな。折角帰ってきたんだから。電話一本で帰ってきたんだぞ」

からかう亜由美に向かって当麻が言う。

「ごめんなさい、です」

亜由美がぺこり、と頭を下げる。

律儀なその様子を懐かしげに見るとぽん、と軽く頭を叩く。

「とりあえず、喫茶店でも行くか」

そう言って当麻はすたすたと歩き出す。

もうこの辺ならばどこに何があるのかはしっかり頭に入っている。

亜由美は紙袋を手に下げてぱたぱた小走りして後ろにつく。

デートと言えるのか分からない二人のデートはいつもこんな具合だった。

勝手に当麻が第一目的地を決めて、亜由美がちょこまかとついてくる。

途中で亜由美が何か言って第二目的地が決まる。

 

喫茶店はクーラーが効いていてかなり涼しかった。いや、寒いぐらいと言ってさしつかえないだろう。

当麻はアイスコーヒー。亜由美はチョコパフェを頼む。

当麻は亜由美が話す近況報告を聞く。

たいして問題のない様子を満足げに聞く。どこかおっちょこちょいの亜由美をいつも当麻が陰からフォローしてやっていたからそれなりに気がかりであったのだ。亜由美はひとしきり話すときょろきょろと周りを見まわして口を開く。

「東京・・・大変そうだったけど・・・大丈夫やったの?」

亜由美には自分が戦士として東京に行くということだけは簡単に知らせてあった。

両親には必要があって上京するとは言ってあったが、このことに関しては亜由美にしか告げていない。何も言わずに上京するのはなんとなく気が引けたからだ。始め、それを聞いた亜由美は目を丸くしていたが、従来の素直さですぐにその事実を受け入れていた。亜由美自身、幼い頃、当麻共に鎧伝説の書かれた古文書を見ていた記憶があるからだろう。

東京の騒ぎは全国に余波が広がっていた事は当麻も知っていた。

大阪に作られた臨時政府が解かれたのもつい先ごろだ。

だが、すべて丸く収まったかのような今では皆、喉元過ぎれば熱さ忘れると言った状態である。

「たぶん、な。そういう話は外で話してやるよ」

当麻はそれだけ答えて話を仲間の事に切り替えた。

不満そうに仲間の事をさんざんぼやく当麻を亜由美は面白そうに見る。

「・・・一番の被害は征士の素振りだぞ。部屋で朝の五時からしてるんだ。こっちはまだ寝てるっての。安眠妨害するなって」

その自分は集団行動を乱しているとは露とも思っていない当麻である。

「とかなんとかいって、本当はすっごく大事なんやない? 友達の事話してる当麻君、めっちゃ楽しそう」

確かに亜由美以外が入ってこなかった領域まで彼らが入ってきているのは事実である。

三日いれば猫でも情が沸くんだ、と思っているのは当麻の強がりである。

実際は気がね無い友人として認識し始めていた。

亜由美に指摘されて当麻は顔をしかめる。

「図星や〜」

亜由美が面白い物を見つけたかのように笑う。屈託無い笑顔を久しぶりに見て当麻の心がなごむ。亜由美は仲間の事を根掘り葉掘り聞き出す。共にいて知り得た性格や趣味、行動様式、癖、家族構成など答えているうちに最後は眠り続けている遼の事になる。

ちょうど、二人とも飲食し終わったので喫茶店を出て、河川公園へ向かう。お金をつかわない所という亜由美のリクエストに答えていると自然にそうなるのだ。

「遼さん、早く目がさめるといいね」

歩きながら、亜由美はまるで遼が自分の友達のように心配げな声を出す。

「たぶん疲れてるだけだから」

言いながらひどく自分も気にかかっているのを自覚する。

「そういうわけだから、今日の夕方にはとんぼ帰りすることになっている。悪いな」

言うと亜由美はほんの少しさみしげな表情をしたがすぐに納得する。

「お友達が寝こんでたらめっちゃ心配やもんね。ほんと、はやく良くなるといいね」

「あゆは優しいな」

当麻が優しく目を細めて言うと亜由美はさも当然と言った顔をする。

「当麻君の友達やもん。私だって心配やよ?」

はんなりとした京都弁がより一層優しげに聞こえる。

「京都弁もなかなかいいもんやな」

久しぶりに関西弁を話す。

「さっきの当麻君ってきっちり東京っ子やったもんな〜」

おかしそうに亜由美が笑う。

「各地方から集まっているからな。標準語の方が通じやすいんや」

「標準語ってどうやって話すの?」

亜由美にせがまれて標準語講座をしながら河川公園のベンチに座る。

一級河川の中州は塔の島と呼ばれて人々に愛されているが、暑い夏という事もあって人はまばらだ。

ここなら気がね無く東京の事が話せる。

当麻はそう考えて本の少しだけ妖邪との戦いを話すことにした。意外に話しこんでいた当麻は言葉を切って回りを見回した。まばらといえど、しっかり人の気配があったのにすっかり消えうせている。命の気配、というものがまったくない。当麻は立ちあがって後ろ手に亜由美をかばうと身構えた。

「そこを離れるな」

硬い声で告げられて亜由美は怯えて当麻の服を握る。

ゆらり、と鎧武者の幻影が現れる。

亜由美は恐怖に声を上げようとしたが縛られているかのように声が出ない。

当麻は防具を纏う。亜由美の背後に何も来ていない事を確認して当麻はその幻影に向かっていった。

だが、幻影であって実体で無い鎧武者は当麻の攻撃にゆらりと姿を消してはまた現われる。いくら攻撃しても通用しない。

亜由美のほうを警戒しながら戦っていたが次第に亜由美との距離が離れていく。

亜由美はその様子をただ目を見張って見ていた。

頭のどこかで奇妙な感覚が広がっていく。

自分はこれを知っている、と亜由美はふいに思った。

この鎧武者達がどこから来て何者なのか知っている、と思った。

当麻では勝てない。

変な確信が亜由美を支配する。

鎧武者の一体の視線が亜由美を捕らえた。

ぞくり、と悪寒が背中を駆け上る。

いや、と亜由美の口から小さく言葉がもれた。

「来ないで・・・」

亜由美はじりじりと後退する。だが、すぐに岸に行き当たってしまう。コンクリートで護岸された岸は一歩踏み外せば河の中である。

鎧武者が近づいてくる。

当麻は戦いに夢中で気がついていない。

我ラガ仇ナスモノ・・・。次代ノ長・・・

亜由美の頭に直接声が響く。

「いやっ!」

亜由美は耳を押さえ、声を上げた。

殺セ・・・。殺セ・・・。我ラガ仇ナスモノヲ殺セ・・・

ぞっとするような声音に亜由美は激しく頭を振る。

「来ないで・・・。来ないでっ!」

亜由美は思わず後退しようとして足を踏み外す。

がくん、と河に落ちようとする亜由美の頭の中で恐怖がスパークした。

駈けつけた当麻が間一髪の所で亜由美の手を掴んで引き寄せたその時、周りが一気に発光した。

目もくらむばかりのまぶしさに当麻は亜由美を腕に抱きしめながら目を閉じた。ほんの一瞬で光は消えうせた。

目を開けた当麻はちかちかする目をこらして周りを確認する。公園は元の公園に戻っていた。慌ててまとっていた防具をはずす。

周りの人間は今の出来事を何も察知していない様だった。幸いなことに発光現象も目にされておらず、人が集まる様子も無い。

現状を確認してから亜由美の様子を確認する。腕の中の亜由美は青白い顔をして目を閉じていた。

「あゆっ。あゆ・・・っ」

気を失っているのかと思いながら当麻は名を呼ぶ。何度か名を呼び、揺さぶると亜由美は閉じていたまぶたを開けた。

奇妙なものをみるような目つきで当麻の顔をじっと見る。

「お前、大丈夫か? 怪我は無いか?」

立たせながら当麻が尋ねると亜由美はきょとんとする。

「何があったんですか?」

中学校で再会したときのような敬語で話されて当麻はやや不審に思いながら亜由美を先ほどのベンチへ連れていく。

妖邪との戦いを目にしても記憶にとどめている人間は少ない。もっとも異空間、妖邪空間にとらわれていた人々はまだ帰ってきてはいないし、例え、難を逃れた人々であっても奇妙な出来事は意味無く科学的な意味付けをして自然と忘却の河に流す傾向があった。

だから、亜由美が覚えていなくともなんら不思議ではなかった。

「覚えていないのなら、別にいい。何か飲むものでも買ってこようか?」

言って当麻が立ちあがると亜由美は怯えた様に当麻の服を握る。

「ここどこなんです? 私は誰なんですか?」

当麻はその言葉に耳を疑った。

 

「弱ったな・・・」

ベッドの上ですがるような目をして当麻を見ている亜由美を見て当麻は小さく呟いた。

亜由美は今までの記憶をすっぽり失っていた。日常生活に支障はない。ただ、人間関係や思い出、固有名詞などを完全に忘れていた。

公園でその事に気付いた当麻は京都の研究所にいる父親を強引に呼び出すと父親のコネを使って大学病院へ連れていった。

そこで当麻は我ながら陳腐だと思うような言い訳をして亜由美が記憶喪失になった事を医者に伝えた。

まさか鎧武者に襲われててこうなったとは言えない。さらに事件性を匂わすような言い訳も出来ない。そうなれば、警察に通報されるからだ。

当麻の父親の連絡を受けて亜由美の両親が駈けつけた。

その両親の顔を見ても亜由美は怯えるばかりで当麻の背中に隠れてしまった。

ともかく精密検査をしなくてはならない、ということで入院の運びとなったが、当の本人は当麻にしっかりとしがみついて離れない。

当麻以外のものは何もかも怖い、といった風で流石の当麻も弱ってしまった。とりあえずそばにいるからと言ってベッドに入らせた次第である。

妖邪とは断定できないが、そのようなものに出会った当麻としては一刻も早く東京に戻って調べたかったのだが、目に涙を浮かべて怯えている亜由美を見ているとどうしても放ってはおけなかった。

とりあえず、急用が出来て日帰りが出来なくなったとナスティに連絡する。妖邪の件は、直接言えるまで伏せておくことにした。

面会時間ぎりぎりまでいた当麻は明日、朝一で来るからと必死になだめて病院を後にした。

精密検査の結果、異常は見つからなかった。何か精神的な理由でそうなったと結論つけられた。

確かに、普通の女の子にあの戦いはショッキングだろう。だが、そうと知っていて話せる話ではない。当麻は頭を痛めた。さらに頭を痛めたことに、通院で治療を続けることになった亜由美がどうしても両親の元へ帰りたがらないのだ。弱った両親や医師達は入院させようとしたが、それを察知した亜由美はいち早く当麻の背中に隠れてしまった。それからひっついて離れない。

何も物を口にせず、断固として離れない亜由美に当麻は困り果てた。

自分は一刻も早く東京に戻らねばならない。かといってこの様子の亜由美を放っておくわけにはいかない。

自分が亜由美の側に立ってやらねばそれこそ彼女は孤立無援になってしまう。ただでさえ、記憶を失って心細いのに頼っている相手に突き放されるのはもっとつらいだろうと当麻は思うのだ。

それに亜由美は何といってもただの他人ではない。自分に人といることの暖かさを教えてくれた人間の一人なのだ。弱った当麻はついに父親に頼った。

電話で父親に話す。

当麻は自分が一刻も早く、東京に戻らねばならないこと、だが、こんな亜由美を放っていくのは忍びないことを簡単に告げた。

当麻の父親は当麻のごく簡単な話を聞いていきなり切り出した。

お前、結婚して責任取れるか?

はぁ?と当麻はぞんざいに問い返した。

「齢、14の俺にどうやって結婚できるんやっ」

当麻は父親に相談したのが間違いだったかと頭を抱えた。

東京の知り合いに優秀な精神科医がいる。その病院に連れていきたいと言えば問題はないだろう。

だが、子供と言っても男と女だ。何か間違いが起こっては困る。だから何かあったときに将来責任を取るという事で婚約でもしておけばなんとかなるだろう

「本人同士の意思はどこにあるっっ」

婚約は一種の保険だ。そこまで言えば、向こうのご両親も折れてくれるだろう。無論、お前と彼女が二人っきりで生活するのではないということもはっきりさせておかないといけない。お前の居候先の保護者にお越し願わなければならないな

しばし、当麻は考え込んでいたが、ため息をつくと頷いた。

「ナスティに電話する。親父は急遽こっちに来てくれ。俺からは到底説明できん」

当麻は一旦、電話を切るとナスティの家にかける。

亜由美が背後から心配そうな顔をしているのを見て当麻は安心させる様に言う。

「なんとかしてやるから、心配すんな」

頭をぐりぐりなでてやるとようやく亜由美はほっとしたような顔をする。

ナスティが出ると、事情を話し、病院の名を告げて来てくれるように頼む。

「ともかく、ナスティの助けが必要なんだ。急いでこっちに来てほしい」

念を押すように頼んで電話を切る。

自分から助けてくれ、といったのは初めてのような気がする。

当麻は電話を切りながら不思議な気持になっていた。

だが、そんな気持ちを当麻はすぐに振り払う。これから一波瀾覚悟しないと行けないかもしれない。

頭が痛い思いだったが、亜由美の怯えた顔を見ているのはつらかった。

なるようになれ、だ。

半ばやけくそになりながら当麻は心の中で呟いた。

 

当麻の父親が手際良く、弁護士まで用意して事を運んでくれたおかげで当麻は亜由美を

連れてナスティと共に家に戻った。

当麻と一緒にいられる、と聞いた時の亜由美は本当にほっとした様子で当麻も胸をなでおろしたのだった。

一旦、安心したからであろうか、新幹線の中で亜由美とナスティは息投合した。屈託の無い笑顔がこぼれるのを見て当麻はこれでよかったのだ、と自分に言い聞かせていた。

実際、自分が許婚を持ったというのは信じがたい。自分の両親は12の時に離婚している。当麻にとって結婚などとは意味の無いしらがみであった。

それに自分は決して人を愛することはないであろうと踏んでいた。少なくとも恋愛感情を持つとはとうてい思えなかった。

少なくとも親同士での約束という状態で本人同士が将来嫌がれば破棄できる状態にあった。

ともかく今を切り抜けられればなんでもする心境だったのだ。

婚約というしがらみを得た今、別に後悔している訳でもない。

自分にとって亜由美はどこか特別な位置にいる人間であったから少々の事でこまったと言う気はしなかった。むしろ、隣に人がいるという暖かい感覚を当麻は好ましく受け入れ始めていた。

小田原に戻ったところでまた大騒ぎになった。

もう、遼は目覚めていて純をいれた五人が口々に当麻に質問攻めをした。

珍しく征士までが興味深そうに問いかけて当麻は声を上げた。

「あ〜ぁ、もうっ。だから、今、説明したろう? 親戚のこいつは事故で記憶を失って俺とナスティが身元を預かったんだって。婚約は一種の保険。実際に結婚するとは言ってないだろうがっっ。いいかげんに騒がないでくれ。俺はまだあゆに説明することが山ほどあるんだ。俺に仕事をさせてくれっっっ」

一気に言葉を吐く。そこで皆黙るはずだった。・・・が、亜由美の名を告げたとたんまた騒ぎが起こる。

「あゆちゃんって言うのかぁ〜? 俺、秀。秀麗黄。秀って呼んでくれ」

騒ぎに目を丸くしている亜由美に秀が自己紹介を始める。

それを皮切りに当麻に群がっていた皆が今度は亜由美に群がり始める。

始めはびっくりしていた亜由美だが、すぐになじむ。

ついこの間まで怯えきっていたのは一体誰なんだ?

面白くない気持で当麻が心の中で呟く。

皆の自己紹介が終ったところで当麻は強引に亜由美の手を引いてナスティが用意してくれた部屋へ連れていく。

向こうの病院では手続きや何やら忙しくて亜由美に彼女自身の情報を告げるのを忘れていたのだ。

当麻は知っている亜由美の情報を教えてやる。

亜由美の名前や親の名前、家族の名前から始まって亜由美の性格や趣味など知っているかぎりの情報を与える。

亜由美はそれを奇妙な顔つきで聞く。

「お前・・・。自分のことなんだぞ。しっかり聞いてろよ」

仲間にさんざん騒がれてややいらだっていた当麻が不満そうに言うと亜由美がうなだれる。

「ごめんなさい。羽柴さんにご迷惑をかけてしまって・・・」

泣きそうな声で謝る亜由美を当麻は慌てて制する。

「別に俺は迷惑じゃないから。泣かなくていい。徐々に頭にいれていけばいいから。一人でここにいられるか? それだったら俺は皆に騒がないように言い聞かせてくるから」

亜由美はこくん、と頷く。

当麻は立ちあがって亜由美の頭をぐりぐりなでる。

「それから、俺は『羽柴さん』じゃなくて『当麻君』だ。そう呼べと言ったはずだろう?」

「だって・・・。羽柴さん、年上だし」

困った様に亜由美が答える。

記憶を失ってなお、律儀な性格は元のままのようだ。

再会してから亜由美が当麻を当麻君と呼ぶまでに長い時間をかけたことを思い出す。

当麻はふっと笑う。

「慣れるまではいい。けど、いつまでも他人行儀な呼び名はやめてくれよ」

「はい」

馬鹿丁寧に亜由美が答えて当麻がしょうがないなぁ、と言った風に笑う。

「ともかく。連中をなだめてくる。あとでな」

当麻はもう一度亜由美の頭をくしゃっと撫で回すと部屋を出ていく。

ベッドに横になりながら、亜由美は走りぬけていったここ数日を思い出す。

心細くて怖くて戸惑っていた自分をずっと安心させるように言葉をかけてくれた当麻。

周りが周り、全部怖かったのに、当麻だけは怖いと思わなかった。

もしかして記憶を失う前の自分は当麻のことを好きだったのではないだろうか?

そんな事を思いながら亜由美はまぶたを閉じる。

ひたひたと安心感が体の中に押し寄せてくる。

「当麻君・・・か」

ぽつりと呟いて亜由美は襲ってきた眠気に身を任せた。

 

運命、というものがあるのなら、亜由美と当麻の運命は今、まさに本格的に動き出そうとしていた。

 

“あとがき”

 

真夏のファントムと前後して書いたものですから書き方が一定してません。

リテイクとなる部分もありますが、ほとんどいじらないかもしれません。

始まったあゆと当麻の恋物語、見守っていただけると幸いです。あ、番外編として春雨も乗せるかもしれませんー。

まずはリテイクだな。あれも^_^;。リテイクというかリメイクかもしれないけれど。リテイクの意味をよくしらないのでした。お馬鹿な作者でごめんなさい<m(__)m>