嵐のdestiny2

愛ある限り〜あゆと当麻〜

 

本編 第二話嵐のdestiny 名前の法則

 

 

亜由美はナスティ達とすぐに息投合した。もともとひとなつっこい人格である。育った環境がものをいってなかなか人見知りの激しい女の子だったが、性格を作り上げた過去の縛めから解かれた亜由美はこの上なく無邪気に明るく振舞った。ここではまったく新しい人間関係を作ればいいのであって亜由美も気兼ねが要らなかった。関西の病院で両親が見せた悲しい顔やもどかしい表情に悩まされることもなかったからである。

そして亜由美は孤立がちだった当麻につきまとった。

どうしても初対面の気がしない上に、当麻の前だとひどく素直になれるのだ。当麻以外の前だとついつい敬語になるのだが、当麻の前だと敬語にならない。自然とそういう口調になっていて自分でも驚いているぐらいだ。

それに自分のわがままで許婚にまでなったというのに不満そうな顔一つ見せないで、事あるごとに亜由美に不器用にも優しく接してくれる当麻が亜由美は一番好きだった。

そして今日も当麻につきまとう。

「羽柴さん。羽柴さん〜。お散歩いこ〜。白炎君と純君も一緒に行くんだよ」

サブリビングでのんきにいつものように一人、読書を楽しんでいる当麻の手から本を取り上げる。

「お前、前から言ってるだろう? せめて『当麻君』と呼べ。記憶を失う前でさえ、一番最初は『羽柴先輩』だったんだぞ」

不満そうに当麻が言う。どういうわけだか、当麻は呼び名にこだわる。

「だって。羽柴さんは年上だもん。純君みたいにお兄ちゃんて呼んだらすっごくいやがったじゃない」

当たり前だ、と当麻は立ちあがりながら答える。

「お前にお兄ちゃん扱いなんぞされたくない。ただでさえ、年食ってる気がするのに、これ以上年を食いたくは無い」

「少年老いやすく、学なり難し」

同じくサブリビングで新聞を読んでいた征士が突っ込む。

亜由美がぷっと吹き出す。

「ほら。征士さんの言うとおり。お部屋にこもっていると早く老けるよ?」

楽しそうに瞳をきらめかせて亜由美は当麻の腕を引っ張る。

その表情を当麻は満足そうに見る。少なくとも敬語で話されない分だけまだましというもの。一向に記憶を戻さない亜由美に時折、もどかしい苛立ちを覚えるものの、屈託の無い亜由美を見ているとそんな気持もどこかへ飛んでいってしまう。

笑顔を見るだけでうれしくなってしまう自分がいる。亜由美の無邪気な笑顔は当麻達の疲れた心を元気付けていた。またナスティの慈しむような微笑みが彼らを癒しているのも事実である。

当麻は亜由美のその無邪気で陽光のように輝いている亜由美の笑顔が一番好きだった。この笑顔を守るためなら、とふっと思うぐらいだ。自分らしくない発想と思うのだが。

「わかったから。手を引っ張るなって」

笑みを浮かべながら当麻は引っ張られていく。

メインリビングへ出るとしっかりテラスに当麻と亜由美の靴が出ている。

白炎と純はすでにテラスから外へ出ていて、元気に追いかけっこをしている。

「私も仲間に入れてくださいなっ♪」

亜由美が靴をはいて純と一緒に追いかけっこを始める。

「こけるなよ」

当麻はその後ろを歩きながら注意する。

二人と一匹は庭からその外へ飛び出していく。

当麻がそれを微笑ましく見守りながら着いていく。

 

いつから自分はこんなに笑うようになったのだろうか?、と当麻は歩きながら笑みを浮かべている口に手をやる。

亜由美がいると自然と笑みがこぼれてしまうのだ。

それに前よりも孤立することが少なくなっていた。

あるとき、当麻がいつものように天上天下唯我独尊的態度に出たとき、亜由美が激しく怒ったのだ。

言い争いになっていつものように当麻がその場を去ろうとすると亜由美が当麻の腕をむんずとひっぱって皆の方に向かせたのだ。

「今のは羽柴さんが悪いっ。ちゃんと皆に謝ってっ」

いつもはべったり当麻にくっついて甘えている亜由美が当麻を激しく非難したのでその場の人間は皆驚いた。そもそも亜由美には迷惑はまったくかかっていないし、言い争いにも加わっていないのだ。

亜由美は始め激しく声を荒げたが一旦言葉を切ると静かな声で話し出した。

「羽柴さんほどの頭を持った人間ならどれが悪くてどれが正しいかということぐらいわかるはずでしょう? 分からなかったら一回、筋道立てて考えて。人の意見を聞いて尊重して判断を下すのも智将の役目でしょう?」

 亜由美はそこで一旦区切りる。まるで言ったことを整理するかのように。そして言う。

「なんで今、こうなっているかわかるよね?」

亜由美が促すと当麻もしぶしぶ頷く。

「だったら、ちゃんと謝ろうよ。そしたら皆許してくれるよ? 気がつかないことで悪い事をしてしまうのはしかたがない。けれど、気付いたらちゃんと謝ろうよ。それで次から気をつければいいから。忘れちゃっても何度も、チャレンジしたらいいでしょう? 失敗したってここの誰も羽柴さんを悪く言わないよ?」

亜由美の怒りの含んだ静かな声は次第に優しい声になっていって当麻も体の力を抜いて立っていた。

いらだっていた気持が不思議と落ち着いてくる。

「ほら、謝って。私も謝るから。ね? ごめんなさい」

亜由美が皆に頭を下げ、当麻も決まり悪そうに謝る。

「悪かった。以後、気をつける」

言った先から亜由美が訂正する。

「ごめんなさい、でしょう? ほら、ごめんなさいって言って」

当麻がもごもご言う。

「聞こえないよ?」

亜由美が促すように当麻の背中を軽くたたく。

「ごめんなさいっ。悪かったっ。以後気をつけますっ」

真っ赤な顔で当麻は叫ぶと今度は流石に自室に逃げ帰った。

今度は手を掴まれなかった。

それ以後、当麻はどうも亜由美に頭が上がらなくなっていた。

普段は自分のほうがおっちょこちょいで失敗ばかりしているのに、いざとなったらとてつもなく賢い女性に代わってしまう。何か事を起こすたびに亜由美が当麻を促し、当麻も次第に謝罪の言葉がすんなり出るようになった。もちろん、それ以後同じ間違いはひとつとして起こしていない。謝罪は心からしなくてはならない、と亜由美が口をすっぱくして言うからだ。それはやってしまった悪いことを繰り返さぬ様に努力することだ、と亜由美は言ったのだ。それでも失敗してしまったときは素直に謝ってまた一からやり直せばいい、と亜由美は言った。そのやり直せばいい、という言葉が当麻をほっとさせた。いつでも自分は完膚なきまでに一つのミステイクも許さない状況に自分を追いこんでいた。それが努力してだめだったらしかたないのだ、と言われて肩の力が少し抜けたのだ。もちろん、戦いにおいてそれは通用しない。それは亜由美もよくわかっていた。

「でも、人との生活って失敗してやり直してまた失敗してって何度も繰り返すんだよ」

亜由美はいつしかぽつり、と言った。

その言葉は記憶を失った亜由美自身をも指していたのかもしれない、と当麻は思った。

その時ばかりは亜由美がやや悲しそうに見えたのだ。家族から逃げるようにして出てきた自分を責めていたのかもしれない。

いつも屈託の無い亜由美だったがさすがに自分の身分を思い出すとそうはいかないようだった。

 

「白炎君。お水に浸かったらだめでしょう?」

二人と一匹は飽きもせずに追いかけっこを楽しんでいる。

白炎が湖の浅瀬にばしゃばしゃと入ったかと思うと岸でぶるぶると体を振る。

水飛沫がかかって亜由美がおおはしゃぎする。

なんのてらいもなく光り輝くような笑顔を振り撒いていて当麻はやや不機嫌になる。

「笑顔の大安売りしやがって」

ぼそり、と当麻が呟く。

以前の亜由美は人見知りをしてこんな風に誰にでも笑いかけることは無かった。それは裏を返せば当麻にだけ見せた笑顔だったのだ。それなのに、今では箸が転げてもおかしいと言った風に一日中笑い転げている。当麻しか見られない特別な笑顔をも今は誰のものでもあるという事実が当麻をどこか悔しい思いにさせていた。このメンバーで亜由美のことを誰よりも知っているのは自分だと思うからだ。

今まで二人の関係だけがあったのに今はそのまわりにたくさんの糸がくっついていてなんだか嫌だったのだ。妬いているということはまだ当麻も自覚していなかったが、あまりいい思いはしないということは自覚していた。

白炎が再び湖に入って亜由美がうれしそうに続く。純を手招きして呼び寄せるとばしゃりと水をひっかける。

「おねえちゃん、やったな〜」

純も負けじとばかりに水を引っ掛ける。

小さく悲鳴を上げながら亜由美はまた水をひっかける。

白炎が派手に動いて水飛沫をわざとかける。

二人と一匹はいつまでたっても水遊びをやめない。

自分でも気がつかないうちにいらいらとしていた当麻はずんずんと近くまで歩み寄ると声をかける。

「二人ともいいかげんやめないと風邪をひくぞ」

亜由美と純は顔を見合わせると大人しく近寄ってくる。

が、いきなり二人は当麻に水をひっかける。

「お前ら〜。よくも俺に水をかけたな〜」

「水も滴るいい男ってね」

うれしそうに亜由美に笑いかけられた当麻は不機嫌だったのも忘れてズボンとそでをまくると湖の浅瀬に入る。

二人に近寄って思いっきり水をかける。

きゃぁ、と亜由美が楽しそうな声を上げる。興にのった当麻がさらに水を引っ掛ける。

負けじと亜由美と純も応戦するがうまいぐあいによけられて直撃というわけにはいかない。

「よぉ〜し。今度は白炎も相手だぞ。白炎」

純が名を呼ぶといわれていることを理解しているかのように白炎も派手な動きをする。

二人と一匹対当麻という図式になって水遊びに興じる。

流石に当麻もびしょぬれになる。

久々に当麻が笑い声を上げる。

わぁ、と純が声上げて当麻が苦笑いをする。

「俺が笑うとおかしいか?」

ううん、と純が元気良く首を振る。

「笑っている当麻兄ちゃんって僕、とっても好きだよ」

素直に好意を打ち明けられて当麻がやや照れたような顔つきになる。

「私も羽柴さんの笑った時、とっても好きだな」

亜由美が無邪気に言って当麻の頬がほんのりピンク色に染まる。

「いいかげん、あがるぞ。皆して水浸しじゃ、伸にお小言言われるぞ。覚悟しろよ」

当麻は顔を隠す様にして身を翻すと岸へあがってしまう。

ええーっ、と亜由美が抗議の声を上げる。

「早く上がって家へ戻る。着替えないと風邪を引く」

有無を言わさぬ様に当麻が言ってしぶしぶといった様子で亜由美が岸へ戻る。

戻る直前にしっかりと当麻に水をかける。

「お前っ」

声を上げる当麻を横目に亜由美は楽しそうな顔をしてすり抜ける。

「僕がやろうと思っていたのに先越されちゃった」

残念そうに純が言って岸に戻る。その純の後を着いて白炎も戻ると派手に体をぶるるんと震わす。

「白炎みたいに乾かせれば僕達も楽なのにな」

純が言って亜由美が笑う。

「こんな暑い夏に毛皮着てたら暑苦しいと思いますけど?」

亜由美は純でさえ、敬語を使う。 

「それはかなり嫌かも」

純が困った様に言って亜由美はまた笑う。

「しゃべっていないで帰るぞ」

いつまでも立ち話をしていそうな純と亜由美を促すと当麻が歩き出す。三人と一匹が庭へたどり着くとちょうど秀と殺陣の練習をしていた伸が慌てて近づいてくる。

「一体、どうしたんだい? 皆、ずぶぬれじゃないか」

「悪いな。伸、中へ入って4枚バスタオルか何か持ってきてくれないか? それから白炎の足拭きマットも」

わかってるよ、と伸が言って中へ急いでいく。部屋に入ったところでくるりと振り向いて言う。

「僕が何か持ってくるまで入らないでよ。家中、水浸しになっちゃうからね。絨毯がどろどろになる」

ぷりぷりと怒ったように伸が言って部屋に入っていく。

ほらな、と当麻が亜由美と純を見る。

「伸のお小言が落ちたろう?」

純が大人っぽい仕草で肩をすくめる。伸がよくやる仕草だ。

「しかたないよ。子供は怒られるのを覚悟で遊ばないといけないんだよ」

俺をいっしょに子供にしないでくれ、と嫌そうに当麻が言って亜由美がころころと笑う。

「ひっでー、カッコだぜ。服着て泳いでいたのか?」

秀がとんでもないやつらだ、といわんばかりに言う。

「水遊びしてただけだよ。ねー?、白炎」

純が同意を求めると白炎もぐるぐるとのどを鳴らして同意する。

伸が急いでやってきてそれぞれにバスタタオルを渡す。

それぞれがバスタオルで体をふく。

あらかた水分をとったところで伸の入室許可が出る。

純と亜由美はまだ遊び足りないと言ったかのように中へ飛びこんでいく。

やれやれ、と当麻がぼやいて中へ入る。

「当麻、あゆ、純。ちゃんと服着替えるんだよ」

伸の声を後ろに聞きながら亜由美と純は元気良く返事をする。当麻は答える様に片手を上げて仕草で答えた。

 

「くしゅん」

亜由美がかわいらしいくしゃみをした。

当麻が気遣わしげな視線を向けると亜由美は続けさまにまたくしゃみをする。

「しっかり髪を乾かさなかったらから風邪でもひいたんだろう? あれだけしっかり乾かせと言ったのに」

当麻が不満げに言う。

部屋に戻って着替えた亜由美はバスタオルを頭に乗せて出てきた。

目ざとくそれを当麻が見つけて注意したのだが、亜由美はお情け程度に髪を拭くとすぐに止めてしまった。何度当麻は自分で乾かしてやろうかと思ったぐらいだ。

夕食の後、メインリビングでくつろいでいると亜由美がくしゃみを連発したのだ。

当麻が親切にもティッシュを渡してやるとちーんとかわいらしく鼻をかむ。が、またくしゃみが飛び出る。

見かねて当麻は立ちあがると亜由美に告げる。

「風邪薬を探してくるから待っていろ」

言うだけ言って当麻は風邪薬を探しに出かけた。

彼らは元気一杯の医者要らずのトルーパー達だから薬などその辺にころがってはいない。風邪薬を探し出すのに一苦労した。

ようやく手にして戻った当麻は固まった。

なんと亜由美が遼を呼び捨てにしたのだ。やや気恥ずかしそうに。だが、しっかりと呼び捨てにしたのだ。今までたまっていた不満が一気に噴き出した。

気付いたとき、当麻は風邪薬の箱をぽいっと放り投げると亜由美の手をむんずとつかまえて台所へ連れていった。

「なんで遼が呼び捨てなんだ。許婚の俺がさんづけなのに。お前が記憶を失う前はこの俺でさえ『当麻君』だったんだぞ」

当麻はきつく言った。

亜由美は戸惑った顔を見せた。いつも「当麻君」と呼べと言っていた様子とは大きく違っていた。あまりの剣幕に戸惑って亜由美は黙ってしまう。

「頼むから、俺のことだけでも思い出してくれ!」

当麻は亜由美の肩に手をかけて声を荒げていた。

自分と亜由美の間に培われていたものが取り戻せなくて当麻はいらだっていた。その気持ちが強い不満となって表にでてしまう。

亜由美の瞳に申し訳なさそうな、それでいて傷ついた表情が浮かんだ。

当麻はいきなり冷や水をかけられたような錯覚を覚えた。手がはたりと落ちる。

そのまま当麻はなんと言っていいのか分からず、立ち尽くした。

二人の間に気まずい空気が流れる。

唐突に伸の声が二人の間に落ちた。

「僕の聖域で女の子をいじめないでほしな」

伸が彼、独特の毒の入った口調で言うと亜由美を促して皆の元へ連れ戻す。当麻はしぶしぶ後を追う。

メインリビングで伸がさりげなく亜由美の肩に手を回しているのを見た当麻はつかつかと歩み寄ると伸の手から亜由美を奪っていた。自分の方に引き寄せてしっかりと手を回すと当麻は宣言した。

「こいつは俺んのだ」

言いながら当麻は自分の気持をようやく自覚した。

俺はこいつの事が好きなんだ、と。

自分に恋愛感情などあるか疑問だったが、今の自分はまさしく亜由美を好いている。友人でも妹分でも後輩でも親戚でもなく好いていた。この不思議な気持ちが恋愛感情なのだろうと当麻は心の中で分析していた。

珍しく当麻が感情的になり、しかも亜由美は自分のものだと宣言して伸を始め、周りのものは動きを止めた。

当麻は皆を見据えて付け加える。

「言っておくが、こいつは誰のものでもない。俺のもんだ」

しっかり区切る様にして当麻が言う。

誰もがなんと返事をしてよいのか分からず困った瞬間、亜由美が派手なくしゃみをした。 続けさまに二回する。

はっとして当麻が亜由美の額に手をやる。

「お前っ。熱あるぞ。伸、体温計どこだ?」

当麻が明らかに慌てて伸に尋ねる。

はじかれたようにして伸が体温計を取りに行って戻ってくる。

体温計を計って見た当麻はさらに顔色を悪くした。

「37度3分もあるぞっ。とっとと風邪薬飲んで寝ろっ」

あまりの慌てぶりに亜由美が笑い出す。

「7度3分だなんて、たいしたことないじゃない」

「お前っ、熱が脳に与える影響を知らんのかっ? これ以上物忘れが激しくなったらどうするんだっっ?!」

ナスティが持ってきた水で亜由美は風邪薬を飲む。そしてころころとおかしそうに笑う。

「羽柴さんの方が風邪ひいてるみたい」

それを聞いた当麻は亜由美に近づくとひょいっと体を肩にかつぎあげる。

「お前が、その気ならこっちにも手があるぞ。明日は朝一で病院だ」

言って当麻はじたばた抗議する亜由美を部屋に連れていく。

二人が部屋に入るのを周りの者はあっけに取られて見つめる。

「当麻って本当はあゆにめちゃくちゃ惚れてんじゃねーのか」

あきれた様に秀が指摘する。

「の、ようだな」

面妖なものを見てしまった、と征士の目は語っていた。

「ようやく自覚したみたいだけどね。でも、あんなにやきもちで所有欲が強いと後で大変じゃないのかな?」

伸が同情して言う。だが、その独占欲が後々に亜由美に好影響を及ぼすとは誰一人として予想だにしなかった。

「でも、意外だな。当麻があんな風に人を好きになるだなんて」

いつも何があっても顔色一つ変えない当麻なのに亜由美が風邪を引いただけであれほどうろたえるとは遼は思っても見なかった。人を、女の子を好きになるとはそういうものだろか、とぼんやり遼は思う。

知らなかったの?、と傍らで成り行きを見ていた純が言う。はじかれたように皆が純のほうを見る。

「当麻兄ちゃんとあゆお姉ちゃんはずっと前からあちちだよ」

あちち、という形容を聞いて秀がなんだそれ?、と聞きなおす。

だから、と純が強調する。

「当麻兄ちゃんはあゆお姉ちゃんの事、ずっと好きだったんだよ」

だって、と純はさらに得意げに言って付け加える。

「当麻兄ちゃん、あゆお姉ちゃんが当麻兄ちゃん以外の人に笑ってたらこんな変な顔するんだもん」

言って純は当麻がよくする不機嫌そうな顔つきを真似る。

「あっ、それ、とうまにすっげー似てるぜ」

秀が吹き出した。

 

部屋に入るなり当麻は亜由美を降ろして命令する。

「パジャマに着替えて、寝る」

抗議も何のその。最後までしっかりとかつぎあげていた当麻をむすっとして亜由美が見る。

「ここにいられたら着替えられない」

不機嫌そうに言うと当麻は頷いて出ていこうとする。が、すぐに振りかえって言う。

「着替えたら声かけろよ。熱が下がるまでついてるから」

亜由美が抗議しようと口を開きかけたのを無視して当麻が外へ出る。亜由美はしかたなくパジャマに着替える。着替えてこのまま寝てしまおうかとも思ったが、心配している当麻に申し訳が無いと思ってドアを開けようとする。開けながら一体、どんな風に呼びかければいいだろうかと惑う。今更、羽柴さんも奇妙だし、かと言って当麻、と呼び捨てにするのもどうかと思う。やはり当麻さんか当麻君だろうか・・・?、そんな事を思いながらドアノブを回してドアを開けようとするが動かない。

当麻がドアにもたれているのだ。

亜由美は思いっきり体でドアを押し開けながら小さく開いた隙間にむかって声を出す。

「と、とっ、当麻っ。重たいっ。ドアが開かないっっ」

言った途端にドアにかけられていた重圧が消える。思いっきり体重をかけていた亜由美はつんのめるようにしてドアの外に転がり込む。

すかさず、当麻が亜由美を抱きとめる。

「ちょっとっ当麻っ。いきなり、体どけないでよっ。こけるでしょーっ」

亜由美は自然に当麻を呼び捨てにしていた。だが、言った当の本人も言われたほうもまだ気がついていない。

悪い、と当麻が腕の中の亜由美に謝る。

「怪我しなかったか? どっか具合悪くないか?」

ひどく気遣わしげな声で今にも亜由美が死にそうだといわんばかりの声色に亜由美がころころと笑い声を上げる。

「当麻の方こそ、夏かぜひいたみたいじゃない」

ころころと可笑しそうに笑う亜由美を部屋の中へ促しながら当麻も中に入る。

亜由美をベッドに寝かしつける。

当麻の顔に満面の笑みが浮かんでいた。

「お前、さっき俺のこと「当麻」って呼んだよな?」

それはもう子犬が尻尾をちぎれんばかりに振っているかのように当麻がうれしそうに言う。指摘された亜由美は顔を赤らめる。

「もう一回、言ってくれないか?」

亜由美が困った顔をすると当麻はもう一回、とねだる。めったにない当麻のおねだりに亜由美が折れてどもりながら名を呼ぶ。

「もう一回」

はじけてしまうのじゃないかと亜由美が心配するぐらいに当麻は喜びを表して頼む。

「と、と、当麻」

「もう一回」

「当麻」

「もう一回」

「当麻。って何回呼ばせるのよっ」

恥ずかしくなった亜由美が叫ぶ。

「俺が満足するまで」

にこにこと当麻が言って亜由美が絶句する。名前を呼ぶだけでどうしてそんなに喜ぶのか亜由美には不可解だった。

不意にドアの向こうで物音がした。二人してドアの向こうに視線をやると声が聞こえてくる。

「おいっ。押すなってっ。つぶれるだろっ」

一番ドアに近い秀が声をあげているのが聞こえる。

当麻がドアを開けると仲間四人がなだれ込んできた。純と白炎のおまけまでついている。流石にナスティはいない。

流石の当麻も怒ることを忘れて立ち尽くす。一番下敷きになった秀がめげずに顔を上げて言う。

「俺も呼び捨てで呼んでくれよっ」

「秀、抜がけは許さないよっ」

秀のすぐ上の伸が妨害する。

「私もできれば呼び捨ての方がいいのだが」

一番上の遼がすぐどけたので征士は人間ドミノ倒しにならずすみ、ほっとしながら言う。

「俺も。そう呼んでくれるとうれしいな」

純な遼がはにかんでそう言う。

「僕もっ。僕もっ」

純が遼達を押しのけて言って、白炎も小さくほえる。

亜由美はあっけにとられて当麻の仲間を見つめる。

「なんで、名前を呼ぶのがそんなに大切なの?!」

信じられない、と言っている亜由美に秀が付け加える。

「あ、ついでに敬語もなくそうぜ」

異議なーし、と伸が同意する。

征士もうむ、と頷く。

「俺もその方がいい」

遼が言って亜由美は信じられない思いで当麻を見た。

「呼び名が関係を表すこともあるんだ。ひとつ違うくらいで敬語や敬称は俺達には必要無いと思わないか?」

当麻が亜由美にだけわかるうれしそうな表情で言うのを見て亜由美はもう頷くしかなかった。

その時から、「あゆ」と「当麻」「遼」「秀」「征士」「伸」「ナスティ」「純」「白炎」という間柄になったのだった。

 

“あとがき”

 

一応、リテイクというかたんなる校正をしただけというのが正確なところです。広辞苑で調べてもリテイクの意味がなかった。作り直すというか書き直しだと理解しておりますが、たぶん、想いはともかくほとんどのものは書き加えるか訂正だと思います。あと構造的問題を直すだけ。でも決戦だけは書き直したい。ああ、また兵法なのね~。とりあえず、一ヶ月遅れの嵐のdestinyを堪能くださいませ。しかもこれはいちゃいちゃというサイドストーリー的です。

 

第二版 2004/08/22