想いー予兆

 

亜由美を寝かしつけて居間に戻った当麻は悔しげに壁にこぶしを打ちつけた。

「くそぅ」

罵倒が口をついて出る。

部屋で眠る彼女をしばらく見つめていた当麻はその痛々しさに心を痛めた。

だが、今の自分には何もできない。

押し付けられたひどすぎる運命さえどうしてやることもできない。

今の自分は無力だ。なにがサムライ・トルーパーだ。その力でもってしても何もできない。

「当麻」

ナスティが気遣わしげに声をかけるがその声は届いていない。

「俺は戦う。あいつらをぶっ倒してやる」

壁に向かって呟く。声は小さく静かだったが、その声色はぞっとするようなものを秘めていた。

「当麻」

それに気づいた遼が少々きつめに名を呼ぶ。

「遼・・・か」

我に返った当麻が振りかえる。

「すまん。感情に流されているようだ。少し頭を冷やしてくる」

居間を出、メインリビングから外へ出る。

早春の夜気はまだまだ冷たかった。

当麻が出ていった後の居間に重苦しい空気が流れた。

亜由美のことについては聞かされた当麻から少しずつ皆に伝えられていた。

今、再び、東京に現れた敵は彼女が相手すべき敵だと。

彼女は亜由美であり、亜遊羅、という人間だと。そして亜須羅一族の最後の長ということも。

錫杖を手にした彼女を知っている皆はその継承が行われたことも知っていた。

複雑な経緯は当麻と迦遊羅しか知り得なかったが、その魂にかけられた術を聞いて誰もが絶句した。

やがて妖邪界へ戻る三魔将でさえもそこで年をとり、やがて死んでいく。

恐ろしく長い時間をかけても、だ。

それが永遠に終わることがないとは。

一体、その一族の力にどれほどの価値があるのか、皆、疑問に思っていた。

 

翌日、亜由美は朝食の場に降りてきた。

少し恥ずかしそうにして。

「ごめんなさい。子供っぽいことをして。皆さんに迷惑をかけました」

テーブルにつく前に皆に謝る。

「いいよ。そんなことは。何か好きなものを作ってきてあげようか?」

伸が微笑んで言う。

「ずるいぞ」

秀が声をあげる。

「秀」

遼がとがめる。

「いえ、大丈夫です」

にこっと笑う。

「また敬語に戻っている。他人行儀ではないか」

「同じ釜の飯食った仲じゃねーか。水くせぇぞ」

征士が言い、秀も言う。

「迦遊羅も敬語ではないで・・じゃない」

皆からとがめるような視線を受けて言葉を直す。

「迦遊羅のは丁寧語。敬語とは少し違うんじゃないか?」

当麻が口を挟む。

「だいたい、あゆにそんなのにあわねーっての」

秀が笑って言い放つ。

「どうせなら関西弁に戻ってもいいぞぉ〜」

さらに付け加える。

「それは・・辞退します」

苦笑いして答える。標準語の中で関西弁を一人しゃべるのは結構寒い。

「でも、皆、郷里の言葉に戻ったら面白いだろうな」

遼がくすくす笑う。

「せーじの言葉はぜってぇにわからないぜぇ」

「失敬な」

征士が憤慨する。

「怒らない、怒らない」

伸がなだめる。

「さぁ、みんな。話してばかりいないでちゃんと朝食を食べて」

ナスティが声をかける。久しぶりに全員がそろっての朝食にナスティもうれしそうだ。

「はーい」

当麻と秀が同時に大きな声で答え笑いが沸き起こった。

 

その日から亜由美は目に見えて明るくなった。

良く話すようになったし、時には声を立てて笑うこともある。

「なんか、以前のあゆにもどったみてぇていいねぇ」

秀が喜んである時言った。

皆、明るくなった亜由美の姿に喜んだ。当麻ただ一人を除いて。

あれほどの絶望と恐怖の中に陥った人間がそう簡単に明るくなれるわけがない。

その感情がどれほどのものか亜由美の真の心にふれた当麻は知っている。

嫌な予感がする。

「とーまっ」

ある日、木陰で読書を楽しんでいた当麻の前に亜由美がひょっこっと現れた。

にこにこ笑っているかと思うと当麻の横に座り、腕に頬を摺り寄せた。

「おいっ。ここから皆に見えるんだぞ」

慌てて引き剥がそうとする。だが、亜由美はその腕を掴んで離さない。

それよりもすりすりっと頬を寄せる。

「いーやん」

その言葉に耳を疑った。

「おまっ・・・! 関西弁じゃないか。嫌がっていたのにどういう風の吹き回しだ?」

「いーやん。とーま、相手なら。とーまも関西出身やない」

亜由美はにこにこと明るい。

「ほら、とーまも関西弁に戻って」

「おい。急にもどれって言っても・・・わかった。わかった」

じっと見つめる瞳に降参して小さく咳をしてのどの調子を変える。

「大体、一年近く標準語で急に関西弁なんて戻れないやろ」

調子っぱづれのイントネーションで当麻が言う。

「で、何話すんや」

「わからへん」

「わからへんって。おま・・・あんたねぇ。ここになにしにきたんや」

時折まだ標準語に戻りそうな言葉を直して当麻が聞く。

「とーまの顔を見に」

「見にって・・・いつだって見れるやろ?」

その言葉に亜由美の瞳に何か違うものが走った。

目ざとく見つけて当麻が怪訝に思う。

「今日、見たかったん」

じっと顔を見つめられて気恥ずかしくなった当麻は思わず読書の振りをして本で顔を隠した。

「当麻。とーま。とうま。とうま。とーま」

突然名前を連呼され、面食らう。

「な・・・なんや」

「当麻って本当にいい名前やなぁ。ほんまいい響きやわ」

手放して誉められて再び顔を隠して亜由美の顔をうかがう。

ずっと見たかったあの輝くような笑顔が浮かんでいて当麻ははっとした。頭の片隅で危険信号が鳴る。

何かがおかしい。

これはいつものあゆじゃない。

「とーま?」

きょとんとして亜由美が名を呼ぶ。

「本、逆さま」

けたけたと笑い声を上げる。

なにがあった?、と問い詰める前に伸の声が二人を呼んだ。

「とーま。あゆー。おやつだよー」

亜由美は立ちあがるとうれしそうにダイニングに駆け込む。

「おっ。プリンじゃねーか。いてっ」

伸に手をはたかれて秀が右手をひらひらさせる。

「みんなと一緒に食べるのっ」

「ったくよー。ちぃっとばかし早くたっていいじゃねーかよぉ」

「だーめ」

「で、今日は誰のリクエストだ?」

部屋に入ってきた征士が問う。

はーい、と亜由美が手を上げる。

「ほう。あゆのリクエストか。それでは私の番はもう少しだな。

近頃は人数が増えてリクエストがなかなか回らない」

征士がうれしそうに顔をほころばせる。

征士は東京に来てから洋菓子を大変好むようになった。

実家では洋菓子は軽薄だと言われて和菓子しかだされないらしい。

「プリンだよ」

遼が迦遊羅に手渡す。

「ぷりん・・・とはなんですか?」

渡された物体を珍しげに見る。

「卵を甘くし、冷やし固めたものだな。オーブンに入れて焼く、焼きプリンもあるが」

いつのまにかダイニングに入って席に座っている当麻が解説をする。

「それよりよー。さっき、木の下で二人して何話してたんだー。すっげーべたべたしてたしよー」

秀がプリンを口にほお張りながら面白そうに問いかける。

だから、嫌だったんだ、と当麻がごちる。

「ないしょ。ね、当麻」

秀に答え、次に当麻に言う。

ああ、と当麻が短く答えプリンを口に運ぶ。

あの会話を聞かれていなくて良かった、秀に聞かれたら絶対馬鹿にされる。

思いながらプリンを一口、二口と口に運ぶ。

恐る恐るプリンを口にした三魔将達から賞賛の声が上がる。

「かように、美味なるものがあるとは」

那唖坐の言葉に亜由美がでしょー、とスプーンを振り回して答える。

「あゆ。スプーンを振りまわさない」

伸がしっかり見つけて注意する。

「はーい。それで、伸。お代わりあるの?」

「もちろん。リクエストどおりに。皆、二つづつあるよ」

「やりーっ」

それを聞いた秀がかっこむ。

「しゅーう。僕の愛情こもったプリンをもう少し味わってほしいなぁ」

「次で味わうから。・・・おかわりっ」

「はいはい。じゃ、残っているのを持ってくるから秀とあゆも手伝って」

食べかけのプリンをテーブルに残して、伸が台所へ向かう。

秀と亜由美がいそいそと着いていく。

その様子に当麻が眉を寄せた。

いくらなんでも今日の亜由美ははしゃぎ過ぎだ。ナチュラル・ハイと言ってもいいくらいだ。

わざと明るく振舞っている?

疑問は突然確信へと変わる。

一体なんのために?

当麻の思考は深く潜っていった。

 

ベッドの中で当麻は寝返りを打った。もう夜中の二時だ。

心の中がざわざわしていて寝付けない。

同室の征士は早々と眠っている。征士の就寝は基本的に夜、九時だ。

いらいらとまた寝返りを打つ。

ふいにドアの向こうに人の気配がした。

息を潜めてドアを見つめる。

ドアの向こうに亜由美が立っていた。朝、起きたときにわかった。

今、出るときだと。だが、昼間では皆にみつかってとがめられてしまう。

そこで皆が寝静まったときを待っていた。

当麻はもう眠っているだろう。征士に付き合って最近、夜が早いから。

そっとドアに額を押し付け、ささやく。

さよなら、と。そしてありがとう、と。

いくらそうしていただろうか、立ち去りたくない気持ちを押さえてドアから離れる。

ドアの向こうの気配がなくなった。

当麻は飛び起きると部屋の外に飛び出た。

暗闇の中に歩み去ろうとする亜由美の後ろ姿を見つけた。

「おいっ」

意外に大きな声を出して当麻が亜由美の腕をつかむ。

振りかえった亜由美はかがんでと出し抜けに当麻に言った。

「お前、なにを」

聞きながらかがむ。

亜由美は少し背伸びすると当麻の額に軽いキスをした。

とたんに当麻の視界が暗くなる。

意識を失った当麻が崩れるようにひざをつく。その体を抱きかかえるとそのまま廊下に横たわらせた。

部屋に連れて行きたいが、重過ぎる。

また背が高くなったな。男の子は成長が早いんだから。

そんなことを思いながら自分も廊下に座り込む。

意識を失った当麻の唇にそっと自分の唇を重ねる。

そらからじっと当麻の顔を見つめる。

「ごめん」

そう言うと亜由美は立ちあがり、ナスティの家を抜け出した。

目指すは新宿。そこに敵はいる。

 

定刻どおり朝五時に目を覚ました征士は珍しいこともあるものだな、と隣のベッドを見た。

当麻のベッドはもぬけの殻である。

着替えてドアを開けた征士は言葉を失った。

当麻がすーすーと寝息を立てながら眠っている。しかし、それはベッドの中ではなく、廊下で。

「おい。当麻。こんなところで眠っていては風邪を引くぞ」

当麻の体をゆさぶる。

「当麻!」

今度は強く揺さぶる。

いつもはそれぐらいでは起きない当麻がはっと目を覚ました。

征士を見るなり、胸ぐらをつかむ。

「あゆは?! 亜由美は?!」

「何を寝ぼけているのだ? 彼女なら部屋で眠っているだろうに」

征士の言葉を聞き終わらないうちに当麻は亜由美と迦遊羅が眠っているはずの部屋に飛び込んだ。

「当麻。いくらなんでも女性の部屋に乱入するとは、いくらお前でも許されることでは・・・いない?」

当麻の肩越しにベッドが空になっているのを見つける。ベッドカバーの上にはきちんと折りたたまれたパジャマが置かれている。

突然、固まっていた当麻がきびすを返す。そのまま猛烈な勢いで階段を駆け下り、玄関へ向かう。

なぜ気づかなかった?

当麻は自分を責めていた。

あれだけ話を聞いていて。

明るいあゆはメッセージであり皆へのお礼。皆を喜ばせるためのプレゼント。

輝く笑顔は俺へのプレゼント。

そして、昨日のわからない瞳に走ったものはもう戻らないことを意味していた。

俺の顔がいつでも見れない、ということだ。俺の顔を見納めていたのだ、と唐突に気づいた。

玄関をはだしで飛び出したところで征士に止められた。

「そのような姿でどこに行く? しかもはだしで」

「行ったんだよ。あいつはっ。一人で敵の元へ行ったんだっ。もうここへは戻ってこないんだよっ」

半ば叫ぶかのようにして征士に答える。

征士の制止を振りきって駆け出そうとするのを強く腕を掴まれて阻まれた。

「離せよ!」

「当麻、お前一人で行ってどうする? まずは皆に報告をするべきだろう」

「そんなんじゃ、遅いんだっ。今ごろあいつは一人で戦ってるんだっ」

当麻の頬を征士が強くはたく。

「しっかりするのだ。取り乱して、お前らしくない」

「あのっ・・・大ばか者がっ」

当麻が地面に向かって叫んだ。