四重奏

愛ある限り~あゆと当麻~

 

大好きなあの人はやっぱり大好きな人が好き。

どんなに想っても気持ちは届かない。

 

大好きな人はあいつが好きで、だけどあいつは別の人を想っている。

どうしたら大好きな人は幸せになれるかな?

俺じゃ代わりになれないかな?

 

あの人の事が好きなのに想いを告げられない。

この想いは永遠に叶わない。

それならもう一人の大好きな人に。

あの人を好きなその人ならあの人を幸せにしてくれるだろう。

 

あいつの事が好きだ。でもあいつは本当に俺のこと好きだろうか?

気持ちを聞きたいけれどうまく聞けない。

せめて嫌われてなかったらいいのに。

 

 

「何ですって?」

迦遊羅は耳を疑った。

「だから、当麻のことお願い」

さらり、と亜由美が言う。

「それは、私に当麻を譲るとでも言うのですか? 姉様は当麻のことが好きなのではないですか? もう戦いは終わったのでしょう?身をひくことなどないはずです」

それがあるの、と亜由美は久しぶりにはかなげに微笑った。最近は冷笑に近い笑みを見せるようになっていた。どこか不適と言おうか。ふてぶてしいといおうか。

「まだ、唖呪羅は生きている。今は一族の力で押さえているだけ。いずれ復活する。その時、私はまた行かなくてはならない。だから、私は当麻を好きなってはいけないの」

あの時、先祖の声は愛する人と共にと言った。だが、そんな事できるはずがない。

しかも、相手は告白したことさえ覚えていないだから。二人はナスティの屋敷近くの湖畔で気がついた。

その時、当麻は亜由美から錫杖を取り上げて以降の事をすっぱり忘れていた。

なんの力が作用したのかわからなかったが、あえて記憶がないままにしてあった。

あの時、思わず、気持ちに答えたが後から考えてみれば見るほどそれがどれほど意味のないことか思い知ったからだ。

「姉様がどう思っているかは知りませんが、当麻は姉様の事を好きです」

知っている、と亜由美が小さく言った。

「知っている? ではなぜ?」

迦遊羅が問い返す。

「当麻の気持ちは知ってる。私が術を私の死で終わらせる直前に言ってくれた。でも、当麻はその事を覚えていないの。

それなら聞かなかったことにしたい。どうせ、私は当麻を好きなってはいけないから。

この想いはけっして叶わないから。

だけど、戦いの終わった迦遊羅は違う。好きな人と大事な時間を歩んで欲しい。

私の代わりといってはなんだけど」

また亜由美ははかなげに微笑う。

それで、と迦遊羅はこみ上げる怒りを押さえながら言う。

以前、託されたときはこんなに怒りを覚えなかった。

それも戦いが終わったらきっと二人は上手く行くだろうと思ったからだ。

それなのに、この姉は何を考えているのだろうか?

戦いは終わっていないと言うばかり。

好きだと言われてなお、拒む姉の気持ちがわからない。

自分なら複雑でも喜んで受け取るだろうにと想うにつけ腹立たしくなってくる。

「当麻を私に譲って姉様はこれからどうするのですか?」

亜由美は実家には戻らない、と言っていた。東京で生活すると。

亜遊羅として目覚めた自分は家族の元へ帰れない、と言った。

頭を悩ませた当麻が東京の高校を受験して合格した自分を保護者代わりにして二人の東京滞在を許可してもらったばかりだ。

「しばらくは、迦遊羅が生活に慣れるまで大人しくいっしょにいる。そのあとは」

そこで亜由美は言葉を止める。

「その後は?」

「ご想像にお任せする」

その答えを聞いた迦遊羅の怒りが爆発した。

「姉様なんて大嫌い!!」

迦遊羅は部屋を飛び出した。

 

バタン、と派手な音がして部屋から迦遊羅が飛び出てきた。

そのまま階段を駆け下りると一気に外へ出る。

しばらくして降りてきた亜由美が呆然と見送っている皆の元へ来る。

「当麻。迦遊羅を追って」

なぜ、自分が? と当麻が釈然しないもこれから保護者となる身としては気になる。

当麻は言われるまま迦遊羅の後を追った。

「喧嘩でもしたのか?」

遼が尋ねる。

「だいっきらいって言われた」

そう答える亜由美の姿はぽつんと世界に取り残された子供のようだった。

 

「迦遊羅! どうした?!」

当麻がやっと追いついて尋ねる。

「お前、泣いてるのか?」

その声に迦遊羅がきっと睨む。振り返った拍子に涙が飛び散る。

「どうして、忘れたんですか? 当麻が姉様へ言ったことを忘れたから姉様は当麻を私に譲ると言い出したのですよ?」

「俺が何を忘れたって?」

当麻がいぶかしむ。

「姉様の戦いで当麻が姉様に言ったことです。当麻はあの時、姉様に好きだと言ったはずです。

姉様はそう聞いたといっていました。

それなのにあなたは一言も覚えていない。だから、姉様は自分の気持ちを殺してしまった」

「なぜ、殺す必要がある?」

「姉様が言うには戦いは終わっていないから、と。その一点張りです。

はっきりとは言いませんでしたが、姉様はほとぼりがすんだら姿を消すおつもりです」

それを聞いた当麻の目に怒りが宿る。

「あいつと話をつけてくる」

当麻がきびすを返して歩み去る。

しばらくして迦遊羅もその後を追った。

このまま勝手なことをされたままにはしておけない。

 

二人の出ていった後をぼんやり眺めていた亜由美の前に当麻が現われた。

当麻が怒りに任せて大声を出そうとしたとき、後ろから現われた迦遊羅が亜由美の頬を思いっきりひっぱたいた。

その乾いた音に誰もが驚いた。

迦遊羅が言う。

「あなたと言う人は! どれほど勝手な振る舞いをしているかわかっているのですか? 

人の心をもてあそぶのはいいかげんにしてください。

当麻を譲るですって?! 当麻はものではありません。

当麻がどれほどあなたを想っているかはあなたが一番知っているでしょう?

彼が言ったことを忘れたとしてもそれは変わらない。

私は天空を愛した。でもそれは偽りの姿を想っているだけに過ぎない。

本当の彼を想っているのは姉様でしょう?

どんなに想っても彼は私の気持ちにはこたえられない。

私を選ばない。

それを知っていてわざわざ譲ると言うのですか? おまけに姿を消すとまで言う。

なぜ、気持ちを殺してしまうのですか?!

その言葉と態度がどれほど私達に残酷なのか知っていますか?

当麻の気持ちも私の気持ちもまったく考慮外ではないですか!

誰が想の戦士ですって?! 

今のあなたの姿が人を、すべてを愛する想の心を持っているとは信じられません。

勘違いもはなはだしい!」

そこにいた誰もが迦遊羅の激しさに言葉を失った。

なによりも当麻は迦遊羅の秘めた思いを聞いて驚いていたようだった。

亜由美はただ呆然と立っていた。

迦遊羅がまたきびすを返して外へ出て行く。

亜由美が名を呼んでひきとめる。

が、迦遊羅はただ振りかえらずこう言った。

「私はあなたを軽蔑します」

 

「私はあなたを軽蔑します」

迦遊羅の言葉はすべて痛かったが、その言葉は亜由美にとってなによりもつらかった。まるで心が抉り取られるようだった。

思わず、涙ぐんでその涙を隠すようにうなだれる。

当麻が二人の間で一瞬逡巡した。

迦遊羅を追うべきか、亜由美のもとにいるべきか。

だが、判断を下す必要はなかった。

遼がすぐに迦遊羅の後を追ったのだ。

当麻はそのまま遼に任せることにした。

遼が時折、迦遊羅を切なそうに見ていたのを知っていたからだ。その切なさが何を示しているか当麻はもうすでに知っている。

自分は迦遊羅の気持ちにはこたえられない。だとしたら自分が追うのはきっと迦遊羅にとってつらいことだ。

それなら迦遊羅を思っている遼にまかせたほうがいいと思った。

それから、話しをすべく亜由美の名を呼ぶ。

亜由美がびくっとして当麻の顔を見る。

その表情は怯えてさえいた。

一瞬、当麻が言葉を失う。

その瞬間、逃げるように亜由美は部屋へ駆け上がった。

 

「あゆ」

ドアの向こうから当麻が声をかけた。ドアの向こうからは押し殺した亜由美の泣き声が聞こえてきた。

一体何が起こったのかわからず、泣いている亜由美の気持ちがおしはかれずいらいらした。

迦遊羅を見送った後、もし、自分の気持ちを言わなかったことがこの事態を招いているとしたら、はっきり告げるべきだろうと当麻は思った。深呼吸して泣き声が聞こえる部屋に語りかける。

「このまま、聞いてほしい。

俺は何か大切なことを忘れたらしい。

そのせいでお前がどんな気持ちにせよ素直になれないのだとしたら悪かったと思っている」

そこで一拍おく。それから大きく息を吸う。

「俺はお前が好きだ。この年で愛してさえいる。

だが、急にこんな事を言っては驚かせると思っていわなかった。

迦遊羅が言った通り、俺はお前を選んだ。ナスティでも迦遊羅でもない。お前を選んだ。

その選択は間違っていないと俺は信じている。

ただ、これは俺の勝手な思いだ。

今、俺を好きなのかとは聞かない。迦遊羅の言葉は迦遊羅の言葉として受け止めておく。

お前は自分の言葉で気持ちを言ってくれたらいい。

ただ、嫌っていないならもうしばらくおまえと共にいることを許してほしい。

姿を消すなど悲しい事いうな。

だが、嫌いならこの際言ってくれ。今すぐ親父達に言って婚約を解消する。

婚約している理由が東京で生活したいだけなら俺がなんとかしてやるから」

嫌ってなんかいない。好き。心の底から当麻を想っている。

愛している。自分も。あの最後の際で自分も悟ったのだ。愛というものを。

でも、どうして言えよう?

いずれ、また私は戦わなくてはならない。

好きだから、大事だからもう巻き込みたくない。

好き、だけど言えない。言ってはいけない想い。

二つの思いの中で亜由美は激しくゆれた。

どれぐらい時間がたっただろう?

当麻はため息をついて言った。

「お前の気持ちはわかった。電話、してくる」

当麻がドアの向こうから立ち去っていく。

このまま、このままにしておけばいい。それが一番いい方法。

だけど!

狂おしい想いが押し寄せる。

当麻が行ってしまう。永遠に。

嫌!

思った瞬間ドアを開け放していた。

当麻の後を追う。

電話の前で当麻はダイヤルを回していた。

「当麻!」

叫ぶようにして名を呼ぶ。涙があふれてろくに声も出ないのに必死で呼んだ。

振りかえった当麻の指が止まった。

「嫌って・・・なんかいないっ。嫌いなわけないっ。だけどっ・・・だけどっ」

どう説明したらいいのか。亜由美は皆目見当がつかなかった。

「私は・・・亜遊羅でもう当麻の好きな亜由美じゃないっ。

亜遊羅は誰も好きになっちゃいけないのっ。亜遊羅は当麻を傷つけることしかできないっ。そんなの嫌! 私は当麻を守りたいっ」

そこにすべてが凝縮されていた。当麻が目を見開く。好きだと言ったも同然だった。

うまく説明できないもどかしさに亜由美の瞳からぽろぽろ涙がこぼれた。悔しかった。説明できない気持ちに悔しかった。このままその腕の中に飛び込んでいきたかった。でもできない。それがどんなにつらくともしてはいけない。そう思っていた。

当麻が受話器を置く。近寄って指先で涙をすくう。

「亜由美も亜遊羅も俺の大事なあゆだ。

明るく皆を励ましてくれた元気な亜由美。傷ついて、それでも運命を受け入れてがんばる亜遊羅。

どちらも俺は大切に思っている。どっちが欠けてももうあゆじゃない」

当麻は両手を亜由美の背中にまわした。とたんに涙があふれる。亜由美は当麻の腕の中で泣きじゃくった。

つらかった。好きだと言えない自分がつらかった。

「ごめんな。つらい思いさせて」

当麻が関西弁で小さくささやく。

お互いがどう想っているかは未来に任せよう。

今はそばにいられることを感謝したい。

当麻は腕の中の亜由美をぎゅっと抱いた。

 

「迦遊羅」

足早に去りゆく迦遊羅の背中に静かに遼が声をかける。

その妙に落ち着いた声に迦遊羅が止まる。

「迦遊羅が当麻のこと好きなのは知っていた」

その言葉に迦遊羅が振りかえる。

「つらかったな。好きな人は大好きな姉さんが好きで、姉さんもその人が好き。

そのまま二人がくっついたらいいのに、姉さんは自分を思って好きな人を譲ると来た。

それってかなりしんどいよな。

俺もなんとなく、わかる。

俺は迦遊羅のこと、好きだ。だから、当麻の事好きなの見てて結構つらかった。

でも当麻が迦遊羅を好きでそれなのに迦遊羅を譲るとか言われたらやっぱり怒ると思う。馬鹿にするなって思う」

その告白に迦遊羅が目を見張る。

「ひとりでがんばらなくていいよ。こんな俺で良かったら迦遊羅のそばにいさせてくれないか?

つらいとき、悲しいとき、慰めたい。迦遊羅が笑った顔が俺は好きだ。微笑んだときに顔がふわっとするのが好きなんだ」

遼の告白に迦遊羅は驚き、そして急に涙が込み上げてきた。

ぼろぼろ涙をこぼす。嬉しいのか悲しいのかよくわからない涙がこみ上げる。

勝気な迦遊羅が涙をこぼすのを見て、遼は近づくとそっと抱きしめた。

迦遊羅はそのまま泣きじゃくる。

その勝気な瞳の奥でどれほど涙をこらえたのだろう?

遼は泣きじゃくる迦遊羅の長い髪をぎこちなく、だが優しく撫で続けた。

 

「俺、当麻のかわりにならないかな?」

ようやく、涙が止まった迦遊羅にやや照れながら遼が言う。

いいえ、と迦遊羅は小さく答えた。

好きになってもらうことがこれほどうれしいことだとは思わなかった。

自分の気持ちが報われなかっただけに想ってくれる人は大事にしたい。

それに自分はこの瞬間に遼を好きになった。淡い想い。

でもきっと大きな想いになると迦遊羅は確信した。

「これから私の側にいてください。私も遼のそばにいたい・・・です」

その答えに遼はありがとうとうれしそうに礼を言った。

 

亜由美は伸が入れてくれたロイヤルミルクティーを飲んでいた。

気持ちが落ち着くようにと当麻が気を使って伸に頼んだのだ。

当麻が静かに隣で見守る。

その時、迦遊羅と遼が部屋に入ってきた。

カップを持つ手が激しく震え、中身が飛び出た。

顔がうつむき、どうしても迦遊羅や遼を見れない。

その時、当麻が二人に頼み込んだ。

「悪い! 俺もちゃんと気持ちを伝えたし、こいつも俺のことを嫌いじゃないと言った。

今はそれで許してくれないか。こいつももう迦遊羅に俺を譲るなど馬鹿なことは言わないだろうから」

その当麻の言葉を聞いても迦遊羅の顔は和らがない。

「かゆ。当麻もこう言っているし、許してあげたらどうかな?」

遼が迦遊羅に言う。それでも迦遊羅は頷かない。

かゆ?、と当麻が聞く。

「ああ。さっき、間違えて迦遊羅をかゆ、で止めて呼んでしまったんだ。

でも、それって結構かわいいから今度からそう呼ばせてもらうことにしたんだ」

遼がうれしそうに言う。

そうか、と当麻も言う。

「かわいい呼び名だな。俺達もかゆと呼んで言いか?」

ええ、と迦遊羅は別に気にも止めないで答える。

「サンキュ。迦遊羅・・・じゃない、かゆが許してくれたぞ」

その言葉に迦遊羅は驚き、亜由美が反射的に顔を上げる。

「私はまだ許して差し上げるとは・・・っ」

「だが、愛称で呼ぶのを許したと言うのは許したのと同じだと思うが?」

「計りましたね。当麻」

迦遊羅がむっとして言う。

「名をどう呼ぶかどうかはともかく、姉様から言葉を聞かない限りは許して差し上げ・・・」

「ごめんなさいっ」

迦遊羅が言い終わらないうちに亜由美は声あげていた。

「ごめんなさい。やっぱり、迦遊羅の言う通りで当麻は誰のものでもなくて当麻自身のものだよね。

それなのに譲るとか譲らないとか言って悪かったと思う。それに迦遊羅だって好きな人を譲ってやるとか言われたら

すっごく嫌だよね。もう言わないから。私、覚醒してからずっと、今もずっと頭の中がごちゃごちゃなの。

だから、ちゃんとした判断が下せない。だから、きっとまた皆を困らせるし、傷つけると思う。

でも本当にどうしたらいいのかわからない」

あがった顔がうつむき、段々声が小さくなる。

迦遊羅は必死に言葉をつむぐ、姉の姿に心痛めた。

実年齢は自分より年上だと言うのに、その様子はとても幼い子供のようだった。

それなのにその声も瞳も言葉を失ってしまうほど苦渋に満ちている。

この人はもう十分過ぎるほど苦しんでいる。それなのにどうしてこれほど苦しまないと行けないのだろう?

「許して差し上げます。だけど、二つだけ条件があります」

亜由美の顔がまた上がった。迦遊羅が微笑む。

「これからは迦遊羅ではなく、かゆと呼んでください。この呼び名、とても気に入っているんですの。

それから、私、もう当麻のことは思いきりましたからその事を承知してくださいますわね? 

安心してくださいな。これからは遼が側にいてくれますから」

迦遊羅がうれしそうに遼を見る。

その言葉に亜由美は声を詰まらせた。

「ごめん。ごめんなさい。ごめんねぇ・・・」

止まっていた涙がまたあふれる。

両手で顔を覆って泣き崩れる。

そしてただひたすら謝り続ける。

どうしてこんなにこの人達はやさしいのだろう。

こんなに残酷な自分なのに。

どうしたら彼らの気持ちに上手にこたえられるのだろう?

どうしたら悲しませずにいられるのだろう?

疑問は涌き出るのに答えは全然見えない。

ただ、思う。

やはり、私はこの人達の前に立つ資格はない。

こんな考えを持っていたらきっと当麻も迦遊羅も激怒するだろう。

でも、もう自分でもどうしようもなかった。

彼らを悲しませるのはわかっている。

でも、この方法しか彼らを守って大事にする方法が思い浮かばない。

それに、人の気持ちも記憶も移ろいやすいもの。

こんな嫌なちっぽけな人間のことなど皆、すぐに忘れてしまうだろう。

だから、手遅れにならない内に姿を消そう。自分との関わりを絶ってしまおう。

亜由美はそう心に決めた。

 

FIN