thunder of night

 

不気味な笑い声と共に当麻が近づく。

じりじり亜由美が後退する。

とん、と背中が壁にあたった。

壁に片手をつき当麻が亜由美を見下ろす。

「ふっははははっ。追い詰めたぞ。モリアーティ教授」

瞳に危険な光を宿してささやく。

「俺からはもう逃げられない」

どきっとして当麻の瞳を見つめる。

当麻の顔が近づく。

唐突に当麻がしゃがんだ。

「当麻?」

呆然と今度は亜由美が当麻を見下ろす。

「あー。腹減ったー」

先ほどとは大違いな調子で当麻が言う。

亜由美がむっとする。

「もうちょっと、雰囲気と言うのを考えられないの?」

「その言いようはなんだ。せっかく俺が演じてやってるのに」

床に座り込みながら当麻が不機嫌そうに言う。

「私はふつーの恋人同士のシチュエーションを望んだのであって、なんでモリアーティとホームズなの?」

亜由美も文句を言う。

「モリアーティを追い詰めるのはホームズだから」

当麻がけろりとして言う。

「だ・か・らっ。私が言いたいのはっ」

「普通の恋人。しかもゲームの中の、な」

人を小ばかにしたような口調で当麻が答える。

「悪かったわねっ。ゲーム好きで」

「俺と言う者があってゲームにうつつを抜かすからだ」

「当麻だって信長の野望ファンじゃない」

「俺のは純粋、かつ高尚なシュミレーション。お前のはミーハーな恋愛シュミレーションだろうが。

あんな気障な台詞言う日本人がどこにいる?」

「日本人じゃないもん」

「ああ、ファンタジーの住人だ。だがな、俺はれっきとした日本人なんだ。

あんな気障ったらしい事ができるか」

不毛だ、と二人は奇しくも同じ事を考えていた。

何が悲しくてゲーム談義をはじめないといけないのだろう? 

お互いの気持ちがいつのまにかすれ違っている。

漠然としたすれ違いは今や二人の間に亀裂を生じさせていた。

昔はそばにいるだけで満足だった。だが、今の二人は宙ぶらりんだった。安定しない空中で二人ともふわふわ浮いている。

「ったく。なんでこんな馬鹿げた会話しなければならないんだ? あー腹減った。伸の飯、食いてー」

最後の言葉で亜由美が感情を爆発させた。

「そんなに食べたければ小田原に残っていたらいいでしょう?!」

皆、遼の誕生パーティに小田原のナスティの家に集まり、その後ずるずると避暑合宿が始まっていた。

ここはナスティの今の住居、サード・ハウスだ。都内にある。

亜由美はあまりあの中にはいたくなかったのだ。

針のむしろとは言い過ぎだが、それに匹敵するものがあった。皆、自分を嫌っているわけではない。だが、かつて当麻の命を投げ出させかけたという負い目が亜由美にはあった。

その事に関しては秀が一番怒っていた。

「お前が帰ると言い出さなきゃ、いたさ」

再び、当麻は不機嫌そうに言う。

「別についてこなくてもいいって言ったじゃない」

「俺がお前を一人にすると思うか? 実家に戻るならともかく」

亜由美がふいに黙り込む。

いたいところを突かれた。

「ともかく。飯にするぞ」

当麻が立ちあがり、台所へ向かう。

「店屋もんじゃないの?」

後ろから着いてきた亜由美が聞く。

「お前ねー。ここしばらく俺がお前の分も頼んでやってたんだろーがっ。少しは俺の財布も考えろよ」

当麻が怒る。ここのところ、当麻の財布の出費がかさんでいる。

本代にまわすところをあえて食費に回しているのだ。不本意な支出を誰がしたいだろう?

「それで、誰が作るの?」

当麻の怒りはもっともなので亜由美は少し反省して問う。

彼の財布は基本的に本のためにある。

「俺とお前」

えーっ!と亜由美が声をあげる。

言い合っているうちに台所へ入ると当麻は台所をあさり始めた。

常にナスティと伸が手作り料理を披露するこの家では基本的に非常食や保存食、もちろんインスタント食品などない。ポピュラーなインスタントカレーすらない。

あるのはインスタントラーメンぐらいである。妙にこれの種類だけは豊富だ。

「やっぱラーメンしかないか。お前、なに食べる?」

当麻がラックに顔を突っ込みながら聞く。

「麺達」

短く答える。

「だろうと思った」

そう言って袋を渡す。

「当麻は?」

「俺は塩ラーメンかチャルメラかワンタンメン・・・いや、チキンと好きやねんも捨て難い」

考え込みながら当麻が答える。割と定番メニューが好きなのである。

しばし考えて当麻はチキンラーメンを選んだ。日本が誇るインスタントラーメンの原点である。

二人してなべに水を汲み、火にかけ沸騰させる。当麻が唐突に語る。

「お前、俺と結婚するならたまには伸とナスティに料理を教えてもらえ。俺はまずい料理は嫌いだ」

ナスティと伸の料理を口にした者は自然と口が肥えてしまう。当麻とて例外ではない。

「それって男尊女卑。今は男女平等」

亜由美が不機嫌そうに文句を言う。

「俺は適した人間がしたらいいと言っているだけだ。

お前ときたら大学に進学する気もなし、かといって普通に就職する気もない。

現代生活をどうやって営むつもりだ? 俺が稼いで家のことまでするのは逆に不平等だと思うが?」

「当麻と結婚なんてしない」

他の誰とも、だ。心の中で言う。私は一人で生きる。

「だが、このまま放っておば許婚の俺と結婚しかない。

生活能力に著しく欠けたお前を妻にできるのは心の広い俺ぐらいだと思うが?」

当麻が平然と言ってのける。突然、結婚しないと言いだしてもうろたえず自分を突き通す。

亜由美は当麻のこの自信過剰なところが嫌いだ。

その上、人のことを何もできない子供のように扱う。保護者面はもうたくさん。

それえなくとも日々心を悩ませているのだ。

ふつふつと怒りが込み上げる。

抑えに抑えていた感情がついに爆発する。

「とうまなんてだいっきらい!!」

持っていたラーメンの袋を投げつけると台所を飛び出した。

「まったく、お子様だな」

亜由美の出ていったあとを見て呟く。それから床に落ちたラーメンを拾い上げた。

開封していたため袋からラーメンが飛び出ている。

「もったいない。最後の麺達だったんだぞ」

当麻はそう呟いた。

 

夜になってさすがに亜由美のお腹もぐぅっと鳴った。

部屋からそろり、と抜け出すと台所へ向かう。

普通なら家を飛び出ていてもいいのだが、そうなると当麻が何が何でも追ってくる。

本当に一人になりたいときは部屋に閉じこもる事にしていた。

当麻の目の届く範囲にいればあとは勝手にさせてくれた。

当麻は過保護でもあると同時に放任主義でもあった。何か当麻の中で基準値があるらしい。その辺の所があまり理解できない。

この夏の間に逃げ出すつもりだった。遼の誕生日を祝ってその後、一人でこちらに移り、内調に身元を預けるつもりだった。当麻に何かを言うのはあきらめていた。言えば本心から離れようとしているわけではないことがばれてしまうから。当麻を巻き込みたくない。それは本心。だが、離れたいと思うのは本心ではない。いざ、計画を実行しようとして亜由美は自分の想いを思い知った。自分は当麻を愛している。誰よりも何よりも一番大事なのは当麻なのだ。愛しているからこそ別れなくれはならない。分かっているのにいざ実行となると弱い自分の心が動いてどうしようもなかった。

実際に、計画はまだ実行できなかった。当麻がやはりくっついてきたからだ。あの手この手で向こうに引き留めようとしたが当麻ももう感づいていたのかも知れない。決して離れようとはしなかった。これが好きあっていなければストーカーまがいだが、好きあっているのに今にも出ていこうとしているのだ。わかっていて放っておく当麻ではなかった。

電気をつける。

台所はカウンターキッチンでダイニングと分けられていた。そのカウンターに何か置いてある。

おにぎりだった。

気になって炊飯ジャーを開ける。久しく空だった中に白米が炊かれている。どうやら当麻が炊いたらしい。

行動パターンを完全に読まれていた。

悔しいのかうれしいのか複雑な気持ちだ。

当麻は料理ができないわけではない。一人暮しが多かったせいで割になんでもできる。

そんな当麻に比べるとたしかに自分はまともなことはできない。

東京に来るまではごく普通に生活していたからだ。

基本的に家事炊事は母の分野だったし、東京に来てからも自分の出る幕はなかった。

まったく何もしなかったわけではない。

東京はいつも共同生活だったので自分で掃除もしたし、洗濯も手伝っていた。

ただ、料理は包丁が嫌いで近づく気になれなかったのだ。剣を扱うのと包丁を握るのでは勝手が違う。

どちらも同じだろう、と皆には言われるのだが。

なんだか自分がとても子供に見えて情けない気持ちでおにぎりを食べる。

卵焼き、ぐらいならできるかな。

気を使ってくれた当麻に何かした所で罰はあたらない。

冷蔵庫を開ける。中はほとんど空っぽだった。

ナスティや伸は買いだめをあまりしない。

小田原の家は山中にあったので買いだめをしていたが、都内に移ってからはその日に必要なものを必要なだけ買うようになっていた。二人は主婦の鏡である。

スーパーは閉まっているが、コンビニなら開いている。

買い物に出かけることにした。

財布を持ってそっと出かける。急いで帰ってくれば問題ない。

卵やインスタント味噌汁、ついでに冷凍食品も買い込んだ。

ナスティ達がいつ帰ってくるかはわからないが、二、三日はこれで大丈夫だろう。

逃げ出す計画はいつの間にか頭の中から消え失せていた。

もうしばらく、という思いがそうさせていたのかもしれない。

ずるい人間だ、と亜由美はこうして思う。

いつまでたってもずるい人間でしかない。

苦笑いしながら、買い込んだものを冷蔵庫にしまう。

その時、雷鳴が空にとどろいた。

亜由美は二度目の雷鳴が響いたとき反射的に当麻の部屋に向かっていた。

大嫌いと言ったことなどそれこそこの世で一番嫌う雷鳴の前では関係なかった。

そもそも本心から嫌いと言ったことなどないのだから。無効というものだ。

どうでもいいような理由付けをして亜由美は階段を駆け上がった。

 

その頃、当麻は読書に耽りながら頭は別のことを考えていた。

今日、亜由美はついに結婚しないと言いだした。次は何を言い出すか分からない。

小田原でもさりげなく振る舞っていたが、どこか奇妙な感じが常について回っていた。

人の心の機微に敏感な伸も気づいていて当麻に忠告をしていたぐらいだ。

「とうぅまぁ・・・」

亜由美が入り口で泣き出しそうな声で名を呼んでいた。

ベッドの上で読書をしていた当麻はベッドの脇に腰掛けなおすとその隣をぽんぽんとたたいて指し示す。

また響く雷鳴に小さく悲鳴を上げて当麻の胸に飛び込む。

抱きとめると隣に座らせる。

窓の外が光る。

亜由美は当麻の腕にしがみつく。

長い間隔を空けて雷鳴が響く。

怯える亜由美に大丈夫だと声をかける。

戦いではどんな相手にもひるまない亜由美は無害な雷に子供のように怯える。

普段から幽霊のようなものを相手にしてるのにちょっとした心霊現象にも弱い。

幽霊屋敷のアトラクションなど恐怖の的である。

だが、この子供っぽいところが本来の亜由美なのだ。

普段皆に見せる大人の部分は戦うために否応無しにならざるを得なかった部分。

「おまじない、教えてやるよ」

当麻の言葉に亜由美はきょとんとして顔を見上げる。

「稲妻が光ったら雷鳴が響くまで数を数える」

ちょうど推し量ったかのように稲妻が走る。

一、二、三・・・と当麻が数を数える。二十ほど数えたときに雷鳴がとどろいた。

また光る。

当麻が数えながら亜由美の肩をたたき、数えるのを促す。

亜由美も促されて声をそろえて数え出す。

何度か繰り返すうちに亜由美が落ち着いてくる。

「怖くないだろう? いつ来るかと思うと怖くなるが、数えているうちに身構えができる」

亜由美はうん、と頷く。

いつの間にか数えるのは亜由美だけになっていた。それを当麻が静かに見つめる。

 

「雷光斬は怖くないのか? 性質は同じだぞ」

ふいに当麻がたずねると亜由美は数えながら頷く。

次の瞬間、亜由美の視界が変わった。目の前に当麻の顔、その上に天井。背中にベッド。

亜由美の胸の鼓動が大きくなる。当麻に聞こえやしないかとびくびくしてしまう。

「お前、俺より征士のほうが好きなんじゃないか?」

そう聞く当麻の瞳に抑えられた嫉妬の炎が宿る。

その抑えれた激しさに亜由美はただ、首を横にふる。

「だが、俺より信用している。違わないか?」

征士は、と声を出すがうまく声にならない。

「征士は?」

「真実を見極める眼を持っているからそれを信用しているだけ。好き嫌いは関係ない」

やっとのことで亜由美が答える。

「本当か?」

当麻が聞き返し、亜由美がうなずく。

当麻の感情は走り出していた。今まではっきり聞くことをためらっていた言葉が突いて出る。

本当はゆっくり話し合うつもりだった。けれども走り出した心はもう止まらない。

元々亜由美のことに関すると冷静さを欠いてしまう。

亜由美が結婚しない、と言っていた事も当麻を焦らす原因にもなっていた。

「それじゃぁ、本当は誰が好きなんだ? 俺といるのは何のためなんだ?」

どう答えたら良いか亜由美が惑う。

「誰なんだ? お前の心の中に住んでいるのは? 

確かに俺は答えを保留したが、俺はお前が好いてくれていると思ってた。

俺の気持ちを拒否しなかったし、嫌いじゃないと言った。キスさえ拒まない。

それなのに今、お前は俺より征士を信用し、結婚しないなどと言う。

俺はうぬぼれていただけか?

本当の気持ちはどこにある? いい加減、好きになるか嫌いになるかはっきりしてくれ」

心の中に住んでいるのは当麻だけ。

いつも二つの思いの中でゆれている。好き。でも好きになってはいけない。

当麻の気持ちに応えてはいけない。応えたい。そばにいたい。離れなくてはならない。

亜由美の瞳に切ない思いがあふれた。

その瞳を見て当麻は思った。

限界だ。お互いの気持ちを確かめないといけない。特にこいつは自分の気持ちをはっきりさせなくては。お互いを苦しめるのはもう終わりにしないといけない。このままだと二人はだめになってしまう。

すれ違うのもごめんだ。このまま形ばかりの中途半端な恋人同士を演じるつもりはない。

好きなのかそうでないのか。

嫌いではない、というあいまいな言葉でもうすまされる状態ではなかった。

そして将来を共にするのかどうか。

許婚という状態にある以上、この点もはっきりさせないといけない。

当麻はじっと体の下の亜由美の瞳を見つめた。

「俺は、お前が好きだ。いや、愛している」

その熱っぽく真剣なまなざしに亜由美が息を呑む。

意を決したかのように当麻の顔がゆっくり近づく。

キス。

今までの軽く触れ合う子供同士キスではない。

熱く、奪うようなキス。

当麻の熱い気持ちが伝わってくる。

拒否、できなかった。

体は素直だった。

知らず知らずのうちに当麻の首に腕を絡ませる。

それを合図にキスが深まる。

唇を求めあい、応え合う。

ようやく本心が触れあう。

唇をほんの少し離して当麻がささやく。

「言えよ。俺が好きだと。愛してると」

気持ちが揺らいだ。気持ちを押し殺して苦しむより言ってしまって楽になりたかった。どうせ、本当の気持ちは今ので知られてしまった。どんなに自分を戒めてもこの気持ちは変えられない。

「好き。当麻が好き。大好き。愛してる」

当麻の顔にどこか安堵の表情が浮かぶ。

「じゃ、いつか俺と結婚する?」

その答えにやはり亜由美は躊躇する。好きだが、それといっしょになるのとは話は別だ。自分は亜遊羅で巻き込んでしまうどころか当麻に刃を向けるかもしれないのだ。

yesというまでキスするぞ」

好きあっていて一緒になれないなどというのはおかしいではないか。親公認で二人の間を邪魔するものは何もないのだから。

当麻が唇を奪う。何度もキスを繰り返す。

そのたびに心の扉にかけた何十もの鍵がはずされていく。

当麻といっしょになりたい。いっしょに幸せになりたい。

結婚して、子供産んで、いっしょに子供育てて、いっしょに年をとっていきたい。

想いがあふれる。堅く決めていた心が当麻の熱い想いに溶かされていってしまう。

yes or no?」

何度目かのキスの後、当麻が再び問う。

yes

もう気持ちを偽れなかった。

その答えを聞いた当麻は亜由美を解放すると隣にばたっと横たわる。

「当麻?」

びっくりして亜由美が半分身を起こして当麻を見下ろす。

「あいにく、kittenを襲うのは性分じゃないんでね。これ以上は自主規制」

ニッと笑って答える。

kitten?」

きょとんとして問う。

「英語で子猫ちゃんと言う意味。お前の好きなキャラの台詞と同じだ。光栄に思え」

ひどっ、と言って口を尖らせる。

「ほら。そう言うところが子猫ちゃんだって」

「子供扱いしないで」

「子供だよ。お前は」

優しく微笑んで亜由美の首に手をかけると胸元に引き寄せる。

「子供にあんなキスするわけ?」

「お前の気持ちを確かめただけだ。効果あったろう? 第一、キスぐらいで襲ったうちに入らん。襲うときは徹底して襲ってやるから安心しろ。それとも今、襲ってほしい?」

え、と言って亜由美が動揺する。

当麻が小さく声を立てて笑った。

「こんな言葉で動揺する間はやはり襲うわけにはいかないな。kitten

「その呼び名やめてよ」

kittenkittenだと思うが? なんなら日本語で呼ぼうか」

面白そうに当麻が笑う。

「もうっ」

恐らく頬を膨らませているであろうことは当麻には簡単にわかった。

「お前、ほんっとうにかわいいな。今夜はこのまま一緒に眠ろう」

「ちょっ・・・っ」

「ばーか。何考えてるんだ? 眠るだけだ。眠るだけ」

そう言って当麻はまぶたを閉じた。

腕の中にようやく手にした愛しい者を抱いて。

雷鳴はいつのまにかなくなっていた。