家族ごっこ

「おーい、伸。ちょっといいか?」

当麻は伸の部屋をノックするなり入ってきた。

「僕の答えを聞いてから入って来るんじゃないの?」

伸はニヒルに言いながらも当麻に席を勧める。

「珍しく一体どうしたんだい?」

いや、と当麻が珍しく口ごもる。

「明日のことなんだが・・・」

「明日?」

「ホワイトデー」

当麻は一言答えてからお手上げだという風な仕草をする。

「いや、お前のたんじょーびと言うのも忘れてないんだがな。ホワイトデーの返しが思いつかなくてなぁ。お前なら何か良い案が在るかと思って」

そんなこと?と伸は珍しげに当麻を見る。仲間内きっての天才が何を悩んでいるかと思えば・・・。

「普通にマシュマロとかキャンディーとかでいいんじゃないの?」

「マシュマロは嫌いなんだと」

「じゃぁ、好きなケーキでも買ってあげなよ」

「明日はお前の誕生日。あいつとかゆとナスティでケーキを作るから意味なし」

「じゃぁ、花束とか?」

「せーじじゃあるまいし」

さすがの伸も頭の筋がぴきっとなりかける。

「結婚でもして上げたらいいじゃん」

「できるかぁーっ。あゆの親に殺されるわっ」

当麻は関西弁で声を荒げる。

「だーっ。だったら何がいいんだよー。指輪でもなんでも好きなもの買ってあげたらいいだろう?」

「いらんと言われた」

途方に暮れたような顔で当麻が答えて伸が目を丸くする。

「いらないって? なんでまた」

さぁ?、と当麻が答える。

「最近あいつ変なんだよな。妙に明るいし、聞き分けが良いし、無欲だし」

そういえばそうかな?と伸は思い起こす。

昔の亜由美に戻ったようで別段気にはしなかったが、当麻には気がかりのようだ。そういえば・・・、と伸は思い出す。

つい先日夜中に亜由美が起きていて妙にさびそうに家を眺めていたのを思い出す。

「そういえば、この間の夜中になんだか起きてて寂しそうに家の中を見てたっけ・・・」

伸の半ばつぶやきに近い言葉に当麻が反応する。

「まぁ、あいつの考えそうなことだな。俺達は小田原の屋敷が思い出深いが、あいつの場合は『ここ』が我が家みたいなもんだからなぁ・・・。かといってこのままこっちに残して置くわけには行かないし」

もうじき当麻と亜由美、迦遊羅達はここを出ていく。当麻が京大に合格し、保護者当麻

帰郷により亜由美達も関東に別れを告げるのだ。四月には伸も征士も一人暮らしを始める。

「いくらなんでもこの家にナスティ一人残ってくれとは言えないしな」

苦い思いで当麻が言う。小田原の屋敷はナスティの祖父の屋敷でナスティが相続していたが、この家は新たにフランスのお嬢様ナスティが共同生活用に購入した家なのだ。一人残されるナスティがこの家をそのままにしておくとは思えなかった。おそらく一人暮らしが出きるようなマンションか何かに引っ越すであろうと皆思っていた。

「ま、ホワイトデーのプレゼントはあとで考えるわ。それよりお前、何が欲しい? ホワイトデーに振り回されてまだ買いに行ってないんだよ。あっちこっちと行事が重なるのは問題だな」

難しそうな顔をして言う当麻を見て伸がぷっと吹き出す。

「しかたないだろう? 記念日に産まれてないのは征士ぐらいなんだからさー」

まぁ、そうなんだがなぁ、と当麻はのびをしながら答える。

そうだな、と伸が言う。

「織部か天目で手を打って上げるよ」

織部も天目も茶道の茶碗の種類である。名品はべらぼうに高い。

「そんな金あったらこの家買いとっとるわっ」

当麻がまたも関西弁で大声を上げて伸が笑い出した。

「今回は気持ちだけいただいておくよ。僕も別にプレゼントにこだわらないしね。気持ちがあったらいいと思うけど?」

「悪いな。いつかお前に山ほどのマシュマロをやるよ」

当麻はにやりと笑って答えると伸の部屋を出ていった。

伸の部屋を出ていってなんとなしに亜由美と迦遊羅の部屋の前まで来てしまった。回れ右をして部屋に戻ろうかとしたとたんドアが開いた。

「当麻、何してるの?」

相変わらず気配に敏感な亜由美がドアを開けてぽかんと見上げている。

「いや・・・」

答えに詰まった当麻を見て亜由美は片手をぽんとたたく。

「伸のプレゼント買ってないんでしょう?」

「え、ああ、そうだが」

当麻が答えると亜由美はくるりと部屋に戻ったかと思うと両手にたくさんの道具を抱えてドアをすり抜ける。

「今からカード書こうと思っていたから当麻もメッセージでも書き込んだら? 今年は二人で一つということで勘弁してもらったらいいし」

「サンキュ。ありがたい。そうさせてもらおうか。あとで金払うし」

「いいよ。プレゼント代は大したことないから」

亜由美が階段を下り初め当麻もその後ろについていく。

「何買ったんだ?」

「海の写真集」

「だろうと思った。お前、遼の時も写真集だったもんなぁ」

「いいじゃない。テーマカラーにそったちょうどいい写真集なんだから」

二人で軽口をたたきながら階下に降りる。

リビングのテーブルに亜由美はどさっとカードやペンをおろす。

「さて。当麻はどれがいい? よりどりみどりでっせ。お客さん」

亜由美がそれは楽しそうにいろとりどりのカードを見せる。

いつのまにそんなにためこんだのやら、と当麻が妙に感心して眺める。

「あ、あきれてるわねー。別に高価なもの集めてるんじゃないんだからいいじゃないのー。で、どれがいい?」

半分膨れながら半分楽しみながら問われて当麻は苦笑いする。

「俺にそういうセンスを求めないでくれ。カードの選択はお前に任せる」

わかった、と亜由美は言って鼻歌混じりにカードを選んでいる。

その様子がなんだかほのぼのとしていて当麻も妙にくつろいでしまう。

が、一瞬の後、って、そんな場合じゃないやんけー、と当麻は心の中で思わず叫んでしまう。

ホワイトデーのお返しという言葉が当麻の頭の中でぐるぐる回る。

「じゃ、このカードにメッセージ書くねー。ペンはどれがいい?」

またもずらっとコレクションを見せられて当麻が苦笑いする。

「俺は青でいいから。お前は好きな色使えば?」

「わかった♪」

亜由美はそう言ってカードにメッセージを書き込み出す。

相変わらず当麻が悩んでいると書き終わった亜由美がカードとペンを渡す。

「下の方空けておいたから下半分は当麻が埋めて♪」

これ以上の楽しみはないと言った具合の亜由美を見て当麻も悩むのを一旦止めて、メッセージを書き込む。とはいってもおざなりの言葉を書くぐらいしかできなかったが。メッセージの最後に名前を書いてまた亜由美に渡す。

「余白にはお前の得意なイラストでも入れておけ。俺はこれ以上の言葉は思いつかん」

照れたように当麻が言って亜由美は当麻の短いメッセージに文句を言おうとしたのを止める。

「ぶきっちょ当麻にしては上出来かもね」

「悪かったな」

当麻がぶすっとして答える。

その様子に亜由美がけらけら笑いながらイラストを描き始める。

数分もしない内に伸の似顔絵が描かれる。

「どう?」

ほんの少し不安そうに問いかける亜由美に太鼓判をおしてやる。

「上出来。上出来。お前、授業のノート落書きだらけだもんなー」

亜由美は授業中暇なのかどうかはしらないがノートの余白のいたるところに仲間の似顔絵やら少女マンガのようなイラストを書き込んでいた。

それが案外似ていたりして当麻はいつも笑わされていた。

「悪かったわねー」

亜由美がまた頬を膨らませて当麻はその頬をつつく。

「お前さー」

当麻がつつきながら尋ねる。

「最近坊さんのように心が澄み渡ってないか? 妙に無欲で気味悪い」

亜由美の誕生日の11月、クリスマスの12月にもプレゼントはなしだった。本人の自己申告の結果だったが、さすがに三度目のホワイトデーにも入らないといわれると気味が悪い。

「別にー。夏には当麻に浴衣買ってもらってるし、しょっちゅうおごってもらったし。特別に欲しいものもないしー。別に何かたくらんでいるわけじゃないもん。当麻のことだからどうせ何かの前触れだとでも思ってるんでしょう?

私は今の生活で十分満足してるだけだもん」

なにげないように言っている亜由美だったが最後の語尾に寂しさがにじみ出ているのを当麻は聞き流さなかった。

「悪いな。東大でも受けとけばよかったな」

しんみりと当麻が言うのを聞いて亜由美はびっくりしたように当麻の顔を見る。

「お前にとっちゃ『ここ』が家だもんな」

「『ナスティ』の家だよ。ここは。それに当麻が東大生っていうのは想像できないよー。お堅い官僚様ってタイプじゃないもん。それにいつかはこうしてみんなと離ればなれになるのは分かっていたしね。でもまた夏休みに小田原に集まれるんでしょう?」

亜由美が問いかけてああ、と当麻は自動的に答える。

「ナスティももう一人の女の子に戻して上げなきゃ。居候のおかげでナスティ大変だったんだもん」

にこっと笑われて当麻はなんだか切なくなる。

亜由美がこの家の住人達をこよなく愛していたのは明白だった。誰よりもこの家を愛して誰よりもここを大事にしていた。それなのに別れると決まったらあっさりと受け容れる。きっと心の奥底では泣いているに違いないのに・・・。

伸が見たという亜由美の姿。それが亜由美の本心なのだ。

「人に気を使う前に自分にもつかえよ」

いいのー、と亜由美は明るく声を上げる。

「当麻が考えてくれてるからいいの。私はそれで十分♪」

「宝くじでも当たったら買い取ってやるんだがな」

当麻が呟くと亜由美は意外そうな顔をした。

知らないの?と亜由美が言う。

「何が?」

「当麻、私よりかは少ないと思うけど小金持ちくらいにはなっているはずだよ。内調のお給料破格だもん。もしかして通帳つくってないの?」

通帳?、と当麻は首をひねりながら聞き返す。

「うわー。当麻、ちゃんとお給料もらってた? 振り込んであるはずだよ?」

「確かにそんな通帳があったかもしれんが、忘れた。別に金ほしくて手伝ってたわけじゃないから」

亜由美ががくーっと脱力する。

「ちゃんと通帳探して記帳しておきなさいよ。当麻の命分が入ってるんだからねー」

はいはい、と当麻がいい加減に話を切り上げる。あまりごちゃごちゃいうと亜由美のお小言が始まるからだ。

「とりあえず、伸のプレゼントはなんとかなったし。明日のケーキ作りがんばれよ」

「あ、当麻逃げる気?」

にげさせてくれぃと当麻は呟きながら自室に戻る。

ああ、ホワイトデーなんてものがなんでこの世の中にあるんだ?!

自室に戻った当麻は心中で叫んでいた。

 

「ハッピーバースデー! 伸!!」

翌日、伸の誕生日パーティが行われた。送別会も兼ねているようでもあるのだが、その事は誰も口にはしなかった。自分たちにはさよならという言葉は似合わないから。離れていても心はつながっている。そう皆思っていたから。

秀も遼も純も駆けつけてきていた。わいわいといつものようにパーティが行われる。

仲間内から山のようなプレゼント攻撃を嬉しそうに伸は受け取る。

普段はクールな伸もこの時ばかりは笑みが浮かんでいる。

その中でも珍しく当麻と亜由美が合同で書いたバースデーカードは皆のからかいの的となった。

「相変わらず、いちゃついてやんのー。いっそのこと同じ名字にしとけばー?」

秀がまっさきにからかう。

その言葉に当麻が真っ赤になる。

「そんなこと勝手にできるわけねーだろーが。お前だって最近彼女が出来たって噂を聞いたぞー」

「あ、おいっ。伸っ。ばらしたのかっ?」

伸は素知らぬふりをしてプレゼントを開けている。

他のメンバーの目が一斉に秀に向く。

「ほぅ。秀にも春が来たのか。めでたい。で、どんな女性なのだ?」

「秀、やったな」

「秀お兄ちゃん、おめでとうっ」

「つき合い悪いと思ってたらこれがなんとデートに忙しいという噂だよな」

「まぁ、秀。おめでとう。今日は本当におめでたい日よね」

「秀、おめでとうございます。お幸せに」

「わーい。秀にも恋人できたんだー。今度紹介してよ。ねっ? ねっ? その人可愛い?」

伸そっちのけで皆秀の彼女のことで盛り上がる。

「今日は伸の誕生日とホワイトデーだろー?! 俺の事はなんの関係もねぇー!!」

秀の悲鳴に近い声が挙がってその場は爆笑に包まれた。

 

主役よりも秀が目立ってしまったパーティが一段落して柳生家にまた静けさが戻ってきた。

ナスティと亜由美と迦遊羅は大量の食器を片づけている。

ねぇ、とナスティが皿を拭いている亜由美に声をかける。

なぁに?、と亜由美がのんきそうに答える。

「この家、残して置いても良いのよ」

ナスティの言葉に亜由美は絶句して危うく皿を割るところだった。

「い、いきなり何?」

「皆気づいていないと思っているらしいけれど、あゆが最近寂しそうにしているのは皆知っているわ。この家を寂しそうに眺めていた日もあったでしょう?」

「で、でも。この家を買ったのはナスティだしっ」

明らかに焦って亜由美が答える。手はすでに止まっている。

「あゆと当麻にはお金がありそうだから買い取ってもらっても良いし」

亜由美はもう口がぱくぱく動くだけになる。

「か、かいとるって・・・」

「うそよ。あたしが二人に売りつけるわけないでしょ? だけど本当にこの家を残して良いのよ。あゆがこの家が大好きなの知ってるから」

「でもっ。税金の問題とか在るし。こんな広い家に一人ナスティ残していくのは忍びないもん。ここはナスティの家で私はただの居候人なわけで・・・」

わたわたと亜由美が答えるがナスティは気にもとめていない。

「また夏休みにでも遊びに来たらいいじゃない。もちろん、あたしも一人暮らし専用のマンションでも借りるけれども。この家を残しておくのはそう難しくないのよ。ほら。おじいさまの財産もあるし」

「だめだよっ。それはナスティのおじいさまがナスティのために残してくれたお金でしょう? それを私なんかのために使っちゃダメだよっ」

亜由美の声が真剣みを帯びる。

「あゆのためじゃなくて私のために使うのよ。あたしはあゆもみんな大好きだから。思い出の残っているこの家を手放したくないだけ。それにあゆの悲しい顔はもう見たくないもの。あゆはあたしの大事な家族の一員よ」

「ナスティ・・・」

その一言をきっかけに亜由美の瞳から涙がぼろぼろこぼれる。

「ナスティー。寂しいよー。皆と離れたくないよー」

えぐえぐと泣きながらナスティに抱きつく。

「私、当麻もかゆも征士も伸もナスティも大好きでずっとこのままでいたかった・・・。でも時間はすぐに過ぎちゃう。皆はきっと小田原が我が家だと思うだろうけれど私はこの家が我が家だった。今もそうなの。嫌なこともつらいこともいっぱいあって楽しいこともいっぱいあって。ここで暮らした三年間は何物にも代えられない宝物なの・・・」

泣きながら亜由美はナスティに気持ちをうち明ける。

「実家になんか帰りたくない・・・。でも帰らないと行けなくて・・・。寂しくて寂しくてずっと悲しかったの・・・」

そう言うと亜由美は泣き崩れた。

今までナスティとはあまり密接に関わることはなかった。大事な姉のようで壊したくないから距離をずっと取っていた。でも大好きな人には変わりなかった。いつも優しくてなにかしたら壊れそうでずっと守って上げたくなるような人だった。大事すぎて近づけなかった。ずっと押し隠していたナスティへの想いがあふれる。

始めて亜由美はナスティにすがって泣きじゃくった。

ナスティは優しい瞳をして亜由美を抱きしめる。

「可愛い妹を泣かせるのはあたしの趣味じゃないのよ。いつだって帰ってきて良いから。あたしは一人暮らしてるかも知れないけれども帰ってきたときは一緒にいて上げるから。どんなに遠く離れていてもあたしたちは家族よ」

ナスティの瞳にも迦遊羅の瞳にもうっすらと涙が浮かんでいた。

 

年に一回離ればなれだった家族が集まる日。

遼の誕生日。

どんなに離れていても心はつながってる。

絆を再確認する日。

その中に今は亜由美もいることが出来た。

昔は怖くて中にはいることすら出来なかった家族の輪の中に入ることが出来た。

亜由美と当麻は遼の誕生日の後ナスティの残してくれている家に一週間ほど雲隠れする。大事な思い出の宝物を取り出すために。

そして亜由美は当麻と共に戻ってきて新たに得た元気を配給して回る。

家族のいるところ。それが今の亜由美の居場所だった。小田原も都内のナスティの家でも同じ。皆がいるところ、それが自分の居場所だった。

泣いて笑って怒った日々。過ぎ去った日々が亜由美の心を満たしている。

でも仲間と会っていつも得るのは未来への希望。

希望があるから生きていける。

この仲間に出会えて良かった。

亜由美はいつものように優しく微笑んでいるナスティに向かって感謝の言葉を告げる。

「ありがとう。ナスティお姉ちゃん」

ナスティは嬉しそうな笑みを浮かべて亜由美を抱きしめる。

「あたしたちはいつだって家族よ」

その言葉に亜由美は大きくうなずいた。