Vivid boys and girls 今宵はあなたと

練習試合も終わって一同は下校する。

遼は元々元主将という名目で来ていたので後輩にいろいろ指示を与えた後当麻たちと合流した。

が、流石に遠距離恋愛中の二人を邪魔するつもりは皆にない。さりげなく二人きりにして当麻達は帰路に着いた。

その帰りもしっかり当麻は亜由美の手を取り亜由美の心臓を縮み上がらせた。

知られてしまったのだからもう堂々としていればいい、というのが当麻の言い分だ。

明日もしっかり手をひいて歩くつもりらしいのを悟って亜由美はあきらめた。やりでも鉄砲でも持って来いと開き直る。

伸が学校で今日の夕食は鍋にするからといって舞子たちも誘ったので六人で家へ戻る。

夕食の準備は伸がすることになっているのでほかのものは帰ると基本的にすることはない。

思い思いに時間を過ごす。

征士は帰るとまっさきに習慣となっている夕方の素振りに出かける。

当麻は新聞を一読した後、いつも夕寝を決め込むのだが、舞子たちがいるのでそうもいかないゲーム機を引っ張り出してゲーム大会をはじめる。亜由美の苦手な落ちゲーだ。秀才と歌われる三人がいるので舞子と亜由美は不利だ。ハンデをもらってもなかなか勝てない。しかたなく舞子は翔子、亜由美は当麻というアドバイザーを得てなんとかゲームをこなす。

が、天性の特性か亜由美は何を言われてもまともなゲーム展開ができない。

基本的なつみ方をしては結局大敗を期す。

業を煮やした当麻がコントロールを取り上げて自分でゲームをしてしまう。

その事に回りから抗議の声が上がるが亜由美にとってはその方が助かる。

ピコピコと落ちてくるコマを上手に操りながら当麻が言う。

「お前、よくこれで仕事やってられるな」

「それとこれは別なのー」

亜由美が情けない声を上げる。

舞子たちも内調の関係者なので非公式メンバーの亜由美のことは多少知れている。

「お前、あのときだだっぴろい野原にいたよな・・・」

信じられん、と当麻が呟く。

それは言わないで、と亜由美がさらに情けない声を上げる。

あのとき、すなわち初の戦いのことは苦い経験として亜由美の胸にしっかりと刻まれている。とてつもなく情けない戦い振りだったと自覚しているから言われると弱いのだ。

その後、当麻に兵法と言うものを教え込まれたが今はもうほとんど頭から抜け落ちている。

「だからいろいろ鍛錬しようと思ってるのにぃ〜」

亜由美がさらに言う。

「お前、すぐに力技に持ちこむからだめ」

「今はセーブしてるもんっ。お仕事してないもんっっ。さいてーげんのことしかさせてくれないじゃないっっっ」

ドドーンとコマが相手の方に移って当麻が勝つ。ぶーたれた亜由美の方を向いて当麻が面白そうに頬をつつく。

「お前は体が弱いからな。せめて遼並になってから言え」

「なったってさせてくれないくせにっっ。とーまなんて、とーまなんてきらいっ」

ふんっ、と亜由美がそっぽを向く。幼い子供の様にすねる亜由美の様子を舞子たちはびっくりして見る。普段は大人しいがごく普通の亜由美だから次々に見せられる姿に驚いてしまう。

「俺は好きだが?」

平然と当麻が言って腕を伸ばして亜由美を抱きしめる。

流石にキスはしないが誰もいなかったら間違いなくキスするだろうと舞子たちは確信した。

伸が気苦労が多いと言っているのがわかるような気がする。

懐柔されてふにゅー、と亜由美がうなる。

「当麻・・・」

と用意が出来た伸が呼びにきてあきれたように名を呼ぶ。

「お客様の前だよ?」

ん、ああ、悪いと言って当麻が亜由美を離す。それから驚いた様にどうした?、と当麻が舞子たちに尋ねて舞子たちが脱力する。

「い、いつもこうなの?」

舞子が尋ねる。

そうだが?、と当麻が答える。

「この状態学校にばらしたらすごいだろうな・・・」

近江がぼそりと呟く。

亜由美があうっ、と言って絶句する。

言わないでっ、と近江は思いっきり涙目で亜由美に見つめられる。その様子に当麻が近江を睨む。

「泣かせるなよ」

泣いてないと思うんだけど・・・、という舞子の言葉は無視された。

「言わないから。ごめん」

近江が謝り亜由美はううん、と首を振る。

「やっぱり、お馬鹿カップルだもんね・・・」

亜由美がため息をつく。

「家に戻ると流石にえさのいらない猫もはがれるらしくって」

亜由美が苦笑する。

「それに当麻にすぐ言いくるめられてしまって・・・」

亜由美が深いため息をつく。

舞子たちは高校に入ってから内調に関わった。

亜由美のほうが一足早くメンバーになっているために外を出れば同僚かもしくは先輩であるため口調も

対等になる。

くるくる変わる亜由美の姿にやや戸惑い気味の舞子たちだが、なんとなく慣れてくる。

「じゃぁ、そろそろ夕食にしようか」

伸の言葉に一同はダイニングルームに向かう。

元々大人数対応型なのでテーブルも椅子も十分ある。その頃には遼と迦遊羅も戻ってきていて手伝っていた。素直な二人である。当麻と亜由美にも見習ってほしいと伸は願う。もっとも願ったところで改善されないのは確かだが。

皆で鍋をつつく。

「うーん。おいちい」

亜由美がうれしそうに食べる。

「火傷するなよ」

当麻が亜由美に注意を促す。

「わかってるよ」

と言いながらお約束通りに亜由美が熱いとつぶやく。

だが、当麻が動く前に亜由美は取り皿と箸をついと動かして当麻の手から逃げる。

その様子に征士がお、と見る。

「何かおかしい?」

苦笑いして亜由美が問う。

いや、と征士が答えるがその顔は面白がっているのがわかる。

「当麻がすねているぞ」

遼もくすくす笑いながら指摘する。

恨めしげとも言える当麻の視線に亜由美が降参する。

「わかったから。好きにしてよ」

とり皿を渡す。

「嫌がるなよー。きっと俺のことなんか・・・。すんすん」

当麻がさらにすねる。

わーん、と亜由美は心の中で叫ぶ。

「嫌がってないから。嫌ってないから。すねないでよぉー」

亜由美が情けない声を上げる。

「いいさ。伸のプリンお前の分もらうから」

いやっ、やめてっと意地悪な口調の当麻に亜由美が叫ぶ。

「キスだろうがなんだってしてあげるからっっ。プリンだけは取り上げないでっ」

その言葉に当麻がニヤリと笑う。

うっ、と亜由美が言葉をつまらす。

じゃぁ、と当麻が言う。

「お前の苦手科目日一つ減らせ」

その言葉に亜由美がわーんと声を出す。

「無理だよーっ。苦手って赤点科目でしょう?」

どうやっても無理だ、と亜由美は即座にあきらめてしまう。

「お前、英語をもう少しまともにしないと受験受からんぞ」

言いながら当麻は亜由美の取り皿に具を入れるとさましてやる。

恥ずかしい、と亜由美はもう顔を隠してしまう。

「ほれ、食え。偏食もなくせよ」

母親のような口調で当麻がしっかりと言う姿に舞子が爆笑する。

「は、羽柴君。超過保護ー。猫かわいがりしすぎーっ」

ひゃはははっと爆笑される。

亜由美はもう首筋まで真っ赤だ。

「こいつ猫だからちょうどいいんじゃないか」

平然と当麻が答える。

その自信にあふれた姿に近江はすごい、と思わず感心してしまう。

「猫だろうが、犬だろうが、なんとでも言って・・・」

亜由美がしくしくと傍らの迦遊羅に泣きつく。

よしよし、と迦遊羅が慰める。

ごちゃごちゃ話しながら夕食を終える。

が、一人亜由美は暗い。

プリン、とぶつぶつ呟いている。

伸が助け舟を出してやる。

「あんまりあゆをいじめるとまた家出されるよ?」

「ふむ、愛想を尽かされるやも知れぬな」

征士が駄目押しをする。

「お前ら・・・。俺をいじめる気か?」

当麻がぶすっとして言う。

「あゆちゃんもこれだけ縛られてたら窮屈だよね?」

舞子がさらに押す。

お前らー、と当麻がうなる。

その、と亜由美は言いにくそうに言う。

「期待にそむくような答えで悪いのだけど、基本的に健康面に関してうるさいだけで、普段は放任だし、ちゃんと遊んでくれるし、いつでも助けてくれるし、それに・・・いつだって優しいから・・・。こういうこと言うのは結構恥ずかしいけれど、そういうわけで・・・」

「相変わらず熱いね」

伸が言う。

「ごちそうさま」

翔子も言う。

うん、と亜由美が答える。

「もし・・・」

言いかけて口をつぐむ。

「どうした? 言いたいことがあればいえよ」

 当麻が催促する。

「うん。いい。後で当麻だけに話すから。っとそんなつまらない追求するよりも。遼!」

 いきなり呼ばれて遼が身じろぎする。

「ほら、遼なんかは人のこと心配する前にいかにしてかゆを幸せにするか考える」

いきなり話しの矛先を向けられた遼と迦遊羅が慌てる。

「ちゃんとかゆを幸せにしないとただじゃ置かないからねぇ」

面白そうに亜由美は微笑みながら遼に迫る。

「私、十分幸せですから」

焦って迦遊羅がフォローする。

「だめだめ。かゆはもっともっと幸せにならなきゃ。私と当麻を追い越すぐらいにね」

そうだよね、と亜由美は幸せそうに当麻の顔を見る。

ああ、と当麻が答える。

「かゆが不幸せだとあゆも不幸せだからな。ということは俺も不幸せと言うことだから、遼、しっかりしろよ。なにせ三人分の幸せしょってるんだから」

当麻も面白そうに言う。

遼の顔が一旦ひきつったような顔つきになる。

あの亜由美が義理の姉になるのは納得しているが、この当麻が義理の兄になると思うといささか遼の心臓は痛くなるような気がする。

アーメンと、珍しく征士が胸元で十字を切る。

「遼をいじめたら僕が許さないからね」

昔から遼をかわいがっていた伸が当麻に迫る。

「いじめてなんかいないだろう? 実際にそういう現実なんだ」

当麻が自信満々答え、一同は心の中で一様に遼に同情した。

「あ、そろそろ。鍋片づけてくるね」

亜由美が立ち上がり、促されて迦遊羅も立ち上がる。

「たまにはお手伝いぐらいしないとね」

明るく亜由美は言うと台所へ消えていく。

当麻と遼、征士、伸、ナスティは亜由美の消えた方向を悲しそうに見つめていた。亜由美が何を言いたかったかは判明しないがあまりいいことではないのは確かだ。まだ亜由美は自分を許してはいない。彼らに刃を向けたことを。それが彼女の中で引っかかっていることを彼らは誰よりも知っていた。

 

台所で皿洗いを亜由美は迦遊羅としている。

亜由美はあのね、と明るい調子で声をかける。

「手合わせは別に良いから、明日ぐらい遼とデートしてきたら?」

その言葉に迦遊羅が動転する。危うく皿をおとしかける。

「い、いきなりなんですの?」

「いきなりじゃぁないよ。考えていたんだけどさー、今年の春にはもう関西へ戻るんだよ?今の内にいちゃいちゃしておきなさい。寂しくなる前に思いっきり甘えちゃいな」

亜由美はやや真剣な声で迦遊羅を諭す。

「ですが・・・」

恥ずかしそうに迦遊羅がもぞもぞすると亜由美は言う。

「そこの知将君が遼をいいくるめてくれるから」

へっ?、と珍しく迦遊羅がぞんざいな声を出す。

振り向くとカウンターごしに当麻が迦遊羅に軽く手を振っていた。

「そーいうわけだから、当麻お願いねー」

抜群のコンビネーションでデート作戦を展開された迦遊羅はあっけにとられるばかり。

当麻はへーいと答えて皆の集まるリビングへと戻っていく。

「姉様、計りましたのね」

別に、と亜由美は軽く答える。

「二人をびびらすよりはこっちの方がより建設的でしょ? 私も明日はちょっと遊びたいしー」

けろっと亜由美が言う。

遊びというのにぎく、と迦遊羅の体が固まる。

「安心しなさいって別にあなたたちをとって食うわけじゃないから。ちょっと舞子先輩の所に行ってくる。やっぱり知識だけでも欲しいなぁって思うから」

真剣さがまったくない声で軽く亜由美は言うがその胸の内は真剣そのものだと迦遊羅は分かっていた。亜由美は今だ、上手く魂を導くことが出来ないことを悩んでいた。

迦楼羅神教の37代目当主の舞子達に教えを請うつもりらしい。

「だーいじょうぶだって。家壊すわけじゃないし、当麻にも付き添ってもらうから」

その一言で迦遊羅はほっと安堵する。

「やだなー。ほっんとに信用してないんだからぁ」

洗い終わった亜由美は手に着いた水滴をばっと迦遊羅へ飛ばす。

ぴしゃりと冷たい水しぶきがかかって目を閉じた迦遊羅がすぐに瞼を開いたときはすでに亜由美は台所から去って行くところだった。

いつも何かをあの姉は抱えている。その事がなんだか迦遊羅には悲しかった。

 

明日は土曜日と言うことで舞子達も泊まることになった。もともと寄宿学校のような柳生邸である。

親も安心していたのだろう。あっさりと外泊許可が出ていた。

女の子達ばかり集まってパジャマパーティが始まる。

当麻達は珍しく起きている征士を伴って近江達と歓談していた。

夜食のクッキーをかじり、ねそびりながら話し合う。

恋愛のこと、学校のこと、関西のことなど話す。

舞子達は一度奈良に赴いていた。その時のことなどを話す。

ナスティはフランスの事や海外のことを話す。

迦遊羅は日本史マニアである。歴史好き翔子と話が弾んでいた。

そこへクラブ顧問のナスティが加わり話しに花が咲く。

亜由美は話の合間にほけっと天上を仰いだ。天窓から夜空が見える。

今日も道を教えている前世の姉の魂達は輝いている。

それを切なげに亜由美はちらちら見ていた。

早く解放したい。

早く救って上げたい。

そのためには自分が魂を浄化できるようになることが先決だ。

いつまでも姉の魂を闇に縛り付けておくのはいやだった。

「あゆちゃんって時々真剣モードになるよね」

歴史はとんと苦手な舞子が明るく亜由美に語りかける。

彼女たちは今までに壮絶な戦いをしてきたという。

その戦いはどんなものであったかわからない。

自分と同じく歴史の闇と戦う女の子。

同志のような舞子達に亜由美は好感を抱いていた。

「自分でもよくわからないんだけど、時々思い詰めちゃうんだよね」

てへっと亜由美が笑う。

「難しいことは考えないー」

舞子がにぱっと笑う。つられて亜由美もにぱっと笑う。

「舞子先輩って明るいから大好き」

亜由美は姉を慕うようにぴとっと舞子にくっつく。

よしよし、と舞子は頭をなでてやる。

今日はいろんな亜由美を見た。

明るい亜由美、甘えっ子の亜由美、はかなげな亜由美。

普通の女の子と同じ感覚を持った女の子ででも何か抱えている女の子。

心からの笑顔を取り戻して上げたいと思わせる何かが亜由美の中にあった。

「明日、とーまと舞子先輩家に遊びに行きますねー」

ごろごろと甘えながら亜由美は言う。

「いつでもおいでー。遊んで上げるから」

からからと明るく笑って舞子は受け止める。

こんな姉が欲しいな、と亜由美はぼんやり思った。

夜空の星は優しく輝く。明るく元気な少年少女達を優しく照らしていた。